おせち料理とは

center

現代は「おせち」といえば正月の重箱スタイル


おせち料理は「御節料理」と書きます。『日本風俗史事典』によれば、「元来は節会(せちえ)の折、ことに五節句(1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日)の正規の料理を指す」とあります。節会とは、かつて宮中で行われていた公式行事のことで、五節句が特に式日とされたのは江戸時代から。本来ならば正月だけを刺す訳ではないのですが、江戸時代以降、関東を中心におせち料理は特に正月の食べ物だというように認識されるようになり、今では私たちは「正月料理」をおせち料理と呼んでいます。
 

■銘々膳か大皿か重箱か

left

正月祝いは銘々膳、という地域は今も多い

おせち料理=重箱スタイル、と思いがちですが、重箱に入れたものは「重詰」「組重」と呼ばれていて、いわゆる節句の祝い料理であるおせち料理そのものを刺す訳ではありませんでした。1人1人に祝いの品をつける銘々膳の形式が本来のもので、重箱は主に祝い肴(数の子・田作り・ごまめまたは黒豆)を詰め、正月の来客に進めるものと用意されることが多かったようです。銘々膳に並べられた煮物や焼き魚がいつしか重箱にも納められるようになり、それ全体を称しておせち料理、と現代ではなっているようです。
今でも、重箱から取り分けるのではなく、銘々膳で新年を祝う地域や家庭は少なくなく、また重箱ではなく大鉢や大皿、半切桶などに祝いの食事を用意する地域もあります。重箱に詰めたものを取り分ける、というスタイルは、実は最も歴史が浅いものだといえるでしょう。

また、おせち料理というと正月元旦の朝から食べ始めるように思いますが、夜の明かりが発達していない時代は、元々日没が1日の終わりであり1日の始まりでもあったため「年取りの膳」「年取り飯」として大晦日の夜に食べ始めたと言われます。この風習を今も受け継ぎながら年越しする地域や家庭が全国各地にあります。年越し蕎麦の習慣よりも古いもの。都市部を中心にすたれてもっと簡略的な年越し蕎麦の風習へと変わり、年取りの膳のごちそうは元日の重箱の中身となり、今のような重箱のおせち料理の形が出来上がってきたと言われています。