メイクは「保湿」の後に行われますが、一般的には、「日焼け止め」→「下地」→「コンシーラー」→「ファンデーション」、そして「ポイントメイク」と行程があります。それぞれに使用するアイテムがあるので、注意するポイントも、それぞれにあります。

■ベースメイク

ファンデーションの前に使用するアイテムと言えば、「日焼け止め」と「下地」です。これらは、いずれもクリームタイプか乳液タイプになります。本来、出来る限りクリームや乳液の使用は避けたいところなので、「日焼け止め」と「下地」が一緒になっている製品を使用することで、2つのアイテムを重ね塗りする必要がなくなるため、1つアイテムを減らすことができます。近年、日焼け止めには、お化粧下地を兼ねた製品が多く発売されているので、容易に探すことが出来ると思います。

■コンシーラー

ニキビ肌のメイク

ニキビ肌の方は、コンシーラーの使用にご注意を

ベースメイクに続いて、「コンシーラー」の使用に関してです。ニキビが出来たら、どうしても隠したいと思うのが心理です。ガイド自身にも顔(特におでこ)にニキビがたくさん出来た経験があり、その気持ちは良く分かります。しかし、ニキビの上にしっかりコンシーラーを塗ってしまうのでは、ニキビが治りにくくなりなってしまいます。コンシーラーの形状は、通常、クリームまたは固形なので、毛穴をさらに詰まらせてしまうからです。実際、ニキビ治療をしている方が、コンシーラーを頻繁に使用していることで、治りが遅いケースをよく見ています。

それでは、「コンシーラーを使わずニキビを隠す」にはどうしたら良いか。ガイドのおすすめは、ファンデーションを顔全体に塗った後で、指の腹に少量のファンデーションを取り、ニキビに直接ポンポンと軽く乗せるように付ける方法です。

■ファンデーション

コンシーラー代わりにも使用する「ファンデーション」に関しても、ポイントがあります。それは、パウダーファンデーションを使用する、ということです。カバー力を重視すると、リキッドファンデーションを選んでしまいがちですが、ニキビの方には、是非パウダーファンデーションを使用していただきたいと思います。しかし、そのようにアドバイスをすると、「パウダーファンデーションは、粉っぽくて浮いた感じがするから使えない。」という声を耳にすることがあります。これに対しては、ファンデーション自体の品質の差はもちろん、下地との相性が関係しているものと考えています。

ガイドも長年、パウダーファンデーションの愛用者ですが、一度も粉っぽいと感じたことはなく、それは、下地とファンデ-ションの相性が合っているからだと考えています。

■ポイントメイク

ニキビに影響を及ぼすポイントメイクといえば、頬に血色を与える「チーク」や、立体感を持たせる「ハイライト」といわれるものです。いずれも、パウダータイプが多いのであまりニキビへの影響はないように思いますが、実は、意外と治り難さの原因になる場合があります。その際に問題となるのが、使用するブラシです。ブラシの硬さ、清潔さ、肌へ付ける際の強さなどが関係しています。例えば、頬の一番高い部分だけ、ニキビが治り難い方がいます。よくよく話を聞いてみると、その部位に毎日チークを付けているそうです。確かにメイクをした状態を見ると、しっかりチークが付いている印象でした。そして、ブラシをほとんど洗わないとなると、さらにダメージ要因が増してしまいます。

「治療をする前に、ひとまずスキンケアの見直しからしたい」とお考えの方には、是非、今回のポイントを参考にして、各アイテムをお選びいただければと思います。ただし、商品によっては例外も存在すると思いますので、あくまで一般的な商品での話だとお考えください。

最後に、皮膚科医としてアドバイス

間違ったスキンケアを改善し様子を見ていても、ニキビが治まらない場合が多々あるのも事実です。その際には、「何とかスキンケアだけで治そう」とはせず、皮膚科での治療をお受けいただきたいと思います。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。