肌の保湿は、毎日正しく行なうことが大切です。もしそのケア方法が間違っているとしたら、お肌にとって逆効果になってしまうことも。今回は、正しい「保湿ケア」について解説していきます。
正しい保湿ケアを行ってうるおい美肌に

正しい保湿ケアを行ってうるおい美肌に

 

「保湿=化粧水で水分補給」は間違い!

多くの人が、化粧水などで水分を補うことが保湿だと勘違いしているため、「化粧水をたっぷりつけているのに乾燥が直らない」という状態になってしまいます。化粧水成分の大半は水なので、すぐに蒸発し保湿としての効果は高くありません。

そもそも、保湿とは水分を補給することではなく、肌に本来備わっている保湿成分を維持する事。これらの働きを補うセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合された美容液やクリームを使用するようにしましょう。


一口に乳液と言っても保湿効果に差がある

乳液やクリームを肌の表面に塗り込むことで内部から水分が逃げないと思っていませんか? 水分と油分で構成されている乳液ですが、水分の割合の方が多い製品だと、あまり保湿効果が高くないことも。

もちろん製品によっては、乳液だけでも十分な保湿が期待できます。製品に合わせて、プラスαの保湿が必要かどうか見極めるようにしましょう。


ニキビやテカリが気になる肌も保湿は必要!

ニキビや吹き出物のできやすいオイリー肌に保湿をすると、さらにニキビができやすくなってしまうと思っている人はいませんか? 顔中に炎症性のニキビが多発している時を除けば、基本的にはどんなお肌の方にも保湿は必須ケアです。テカリが気になっている場合も、内側では天然保湿因子が低下している事があるのでしっかりと保湿ケアをしてそれらを補ってあげる事が大切です。


必要以上の洗顔は皮脂を奪い乾燥肌の原因に

洗顔料やクレンジング剤はメイクや汚れを落とすだけでなく、皮脂も一緒に洗い落としてしまいます。そのため、必要以上に洗顔やクレンジングをする事は乾燥肌を招く原因となります。また、お湯も皮脂を奪う原因になるので洗顔時はぬるま湯かお水で洗うようにして下さい。

クレンジングや洗顔は短時間で、クレンジング剤は種類によって脱脂作用が変わるので、しっかりメイクの時のみ脱脂作用もクレンジング力も高いオイルクレンジングを使うこと。ノーマルメイクの時は潤いを残せるように、ミルクタイプなどをセレクトするのがおススメです。


角質ケアを怖がらない!

乾燥するのを怖がって角質ケアを「しなさすぎる」のも肌のゴワつきからくる乾燥感を助長してしまう原因になります。ある程度、角質を軟化し薄くする角質ケアをすることで肌の新陳代謝も上がり、その後のスキンケアの入り方も変わってくるので、適度な角質ケアを取り入れるようにしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。