p0

2013年7月にリニューアルオープンした「JAL 工場見学~SKY MUSEUM(スカイミュージアム)」の展示ホール入口付近


JAL(日本航空)が実施する「JAL機体整備工場見学」が2013年7月22日、「JAL 工場見学~SKY MUSEUM(スカイ ミュージアム)~」としてリニューアルしました。

1951年の会社設立時からの貴重な史料の数々が初めて一般公開され、運航乗務員や客室乗務員の仕事を紹介するコーナーなどが新たに設置されるなど、見どころが満載です。家族連れや航空ファン、遠方から訪れる人も多く、人気施設となっています。

JAL歴代の貴重な制服や機内食などを展示で紹介

p1

「アーカイブズエリア」には、年代ごとの史料を紹介するコーナー、歴代のモデルプレーンや機内誌・時刻表などの展示があります

JAL機体整備工場見学は、会社の創業間もない1950年代半ばから実施されてきました。まず、『アーカイブズエリア』をご紹介します。

このエリアでは、1951 年の会社設立以降、日本と世界の空を結んできたJAL のさまざまな史料が初めて一般公開されています。

「大年表」では、これまでJAL の歩んできた歴史が、50 メートルを超える壁面で年代ごとにわかりやすく紹介されています。

p2

JALが歩んできた歴史を、50mを超える壁面上で紹介している「大年表」。それぞれの時代ごとに貴重な史料の数々が展示されています


1950年代のまだプロペラ機だった時代から、ジェット機全盛の現代まで、実際に使われていた機内の備品や乗客への搭乗記念品などが展示されています。また、争乱時の救援チャーター便などJALがこれまで運航してきたさまざまなフライトの紹介もあります。

p3

JAL/JASの歴代モデルプレーンをサークル状で展示したコーナー。時代を経て飛行機がいかに進化してきたかがわかります


また、大年表で紹介しきれないJALの歴史は「デジタルアーカイブズ」で閲覧でき、中でも、歴代の機内食は必見。海外旅行がまだ特別な時代だった当時の豪華な料理の数々をスライドのように見ることができます。

p4

JAL/JASが発行してきた機内誌や時刻表などの中で特にデザイン性に優れたものをピックアップして展示


その他、JALとJASの歴代制服を一堂に展示する「歴代制服展示」、特にデザイン性に優れた歴代の時刻表や機内誌などをピックアップしたという「デザインコレクション」、時代の流れに沿って歴代の航空機がいかに進化してきたかがわかる「モデルプレーンタワー」など。いずれも日本の航空業界をリードしてきたJALの歩んできた歴史が、目で見て子どもにもわかりやすい展示内容になっています。

p5

JAL/JASの歴代制服を時代順に展示するコーナー。これも長年、飛行機に乗ってきた層にとっては懐かしさを感じるはず