野菜の甘さが際立つタジン鍋の蒸し焼き

 

 

夏野菜を主役に、タジン鍋で蒸し焼きにします。
熱々ですが、汁がないので(汁を飲まないので)いつまでも暑くはありません。
夏休みの遅い朝ご飯にぴったりです。
子どもが好きなウインナーをプラスしました。

材料

  • かぼちゃ 1/2個
  • じゃがいも 大1個
  • 人参 1本
  • 玉ねぎ 1/4個
  • アスパラ 1束
  • ミニトマト 5個
  • エリンギ 1本
  • ショルダーベーコン 40g
  • ウインナー 1袋
     
  • 白ワイン 大さじ1
  • こしょう 少々
  • 塩 ふたつまみ
  • 水 1/3カップぐらい
  • オリーブオイル 大さじ1~2
  • スライスチーズ 5枚
     

作り方

 

 

  1. 野菜は大きめに切る。
  2. タジン鍋に堅い野菜を並べ、トマトとエリンギをのせ、白ワインと水を回し入れ、塩コショウし、オリーブオイルを回しかけ、蓋をして中火にかける。グツグツ煮立ってきたら弱火にして、蒸し焼きにする。
  3. 15分ぐらいたって、堅い野菜がほぼ柔らかくなったら、アスパラとウインナーをのせて蒸し焼きする。アスパラが柔らかくなったらチーズをのせて蓋をして、チーズがとろけたら出来上がり。
  4. 食卓に運び、塩を添える。

野菜の甘さが際立ち、ホクホクで熱々で、いくらでも食べられます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。