子どもたちの絵本に対する興味を大きく育てよう

子どもたちの絵本に対する興味を引き出し、さらに大きく育てるには、親が絵本を楽しむ姿を子どもに見せることからスタートすると良いようです。でも、それだけでは子どもに絵本の魅力を伝えることはできません。大切なのは、ただ親の姿を見せるだけでなく、その時にうまくコミュニケーションがはかれるかどうかです。お子さんが絵本に興味を持ったその時に、親がどんな言葉をかけるのかが大事になってきます。
 

最初は親が絵本を楽しむ姿を子に見せよう

絵本を読むお父さんのイメージ画像

お父さんが絵本を楽しむ姿も、インパクトがあって効果的です!

子どもたちはお父さん・お母さんが大好きです。ですから、絵本に限らず、お父さんやお母さんの真似をしたり、お父さん・お母さんが心から楽しいと思うことをそのまま受け入れる傾向があります。そこでひざ読では、まず大人が絵本を楽しみ、その姿を子どもに見せる事で、子どもの絵本に対する興味を引き出すことを提案しています。

お子さんが絵本嫌いで困っているという場合は、いきなり子どもに絵本を読まずに、まずは絵本を楽しむ親の姿をお子さんに見せていきましょう。遠回りのようですが、絵本好きへの助走期間と捉えてください。焦らずに、子どもの絵本への関心が高まるのを待つことが大切です。
とはいえ、それほど長い時間はかからないはずです。絵本を楽しそうに読んでいるご両親の様子を見れば、お子さんは必ず興味を示します。お子さんが、「お母さん(お父さん)何してるの? 」というひと言を発したら、その時がひざ読スタートの絶好機なのです。

「でも、いまさら子どもを抜きにして、大人1人で絵本を楽しむなんて無理があるなあ…… できるかな?」と思われた方には、次の2つの方法を提案します。

子どもの頃好きだった絵本を読む

幼い頃好きだった絵本を再読してみましょう。もし、お手許にその本がなければ、図書館や古書店などにあたってみてください。

新・講談社の絵本『桃太郎』の表紙画像

懐かしい絵本探しに復刻版も役立ちます。こちらは「講談社の絵本」の復刻『桃太郎』

懐かしい絵本を再読しようとすると、意外なことが起こります。例えば、大好きな絵本でとてもよく覚えていたはずの作品なのに、読み返してみたら内容が自分の記憶と違っていたり、そもそも題名や作者名をすぐに思い出せなかったりということが頻繁にあるのです。 その反面、「いつ誰に読んでもらったかだけは、はっきり覚えている。」という声をよく聞きます。なぜそのようなことが起こるのでしょうか? それは、絵本が、読み手と聞き手「2人」のものだからです。

この読み手と聞き手の関係性を抜きにして、絵本の醍醐味を語ることはできません。この関係性こそが、絵本が私たちに届けてくれる豊かな恵みの源泉なのです。懐かしい絵本の再読は、このことを私たちに思い出させてくれます。また、ご自身の経験を振り返ることで、幼い頃の豊かな絵本体験が、聞き手の子どもたちのその後の成長にどれほど影響を及ぼすかを実感できることでしょう

“なんとなく”面白そうな絵本を読んでみる

「私には、好きな絵本なんてなかった……」という方や、「大好きだった作品は既に絶版で手に入らない」という方は、書店でも図書館でもかまいませので、とにかく絵本がたくさん並んでいる場所へ行って、なんとなく面白そうな絵本を選んでみましょう。

この時、吟味して選ぶのではなく“なんとなく“選んでみることが大切です。なんとなくとはいえ、その絵本を選んだのには理由があるはずです。絵が可愛いとか、読みやすそうとか、理由は様々でしょうが、何か心に響くものがあったからこそその絵本を手にしたのではないでしょうか?そこで、帰宅後にその理由をじっくり考えてみましょう。

親子で一緒に読む絵本を選ぶとき、この「なんかいいなあ!」と感じるポイントを知っていると、とても役に立ちます。「なんかいいなあ!」は、選書の肝になるからです。血の繋がりのない夫婦でも、長年連れ添っていると顔まで似てくると言われます。ましてや、DNAを受け継ぎ、ひとつ屋根の下で、同じものを食べ、同じものを見て、笑ったり泣いたりしている親子なら、感性が似てきて当然です。ですから、たとえ名作でなくても、ロングセラーでなくても、みなさんが「なんかいいなあ」と思える作品なら、お子さんの興味をひく可能性は、他のどんな絵本よりも大きいはずです。


>> 親が楽しむ姿は見せた! でもそれだけではダメらしい……