アーモンドで冷製スープ

アホブランコ,スペイン,アーモンド,冷製スープ

アーモンドを使った冷製スープ、アホブランコ。

アーモンドを使って、夏バテの体を癒すお料理と考えているうちに、スペイン料理では、白いガスパチョとよばれるアーモンドのスープ、Ajo Blanco(アホ ブランコ)を思い出しました。「アホ」は、スペイン語でニンニクです。

ニンニクを加え、アーモンドのコクが引き立つおいしい冷製スープです。

本来は皮をむいた生アーモンドを使いますが、ガイドは食物繊維もとりたいですし、皮付きのアーモンドを使います。生でも素焼きでもよいでしょう。

またより白く仕上げたい場合は、皮をむいたアーモンドを使ってください。水で作るレシピもありますが、皮付きのままで少し渋味も出ますので、今回は牛乳(または豆乳)で作りました。

■アホ ブランコ
●材料 (2人分)

  • アーモンドスライス 30g
  • 食パン 1/4切れ
  • 牛乳または豆乳 1カップ
  • にんにく 少々
  • エキストラバージンオイル 大さじ1
  • シェリービネガー 小さじ1
  • 塩 少々
  • ぶどう 少量

●作り方

  1. アーモンドがホールの場合、水につけておくと、よいでしょう。スライスやアーモンドプードルなら、そのままでもOK。
  2. パンは牛乳に浸しておきます。
  3. にんにくはすっておきます。
  4. ミキサーに1.と、水分を切ったパンと3.と、少しずつ牛乳を加えて撹拌し、滑らかにします。エキストラバージンオリーブオイル、シェリービネガーを入れ、最後に塩で味を整え、冷蔵庫で冷やします。
  5. 器に注ぎ、皮をむいたぶどうと、刻んだアーモンドを浮き実にし、オリーブオイルを少しふります。

 

*シェリービネガーは、なければバルサミコ酢や、ワインビネガーなどで代用してください。

関連リンク/
よく聞く脂肪酸ってなーに?
機能性が注目される植物油

参考/
国立がんセンターがん対策情報センター
その他

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項