お花のことを習うなら、2つの選択肢があります

華道・いけばな
「余計なことをなにも考えずに集中する時間が持てると心がスッキリします」と、華道・生け花に教室に通う人が増えています
「お花のことを習ってみたい」と思ったとき、大きく分けると2つの選択肢があります。ひとつは、フラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーなど洋風のもの。もうひとつは、華道・生け花の伝統的な和ものおけいこです。

フラワーアレンジメントはオアシスと呼ばれる吸水性のスポンジなどを使って、どこから見ても美しく見えるように、フォルムをデザインしながらお花を形づくっていきます。プリザーブドフラワーは、普通に飾るよりも長持ちをするように生花に特別な加工をして作るもの。一方の華道・生け花は、空間を意識しながらお花が持つ本来の美しさを表現して作品をつくります。

華道・生け花は、クラシカルな魅力が定番の人気を誇っていますが、茶道と同様に流派の多さで迷ってしまうことが多いという声をよく聞きます。というわけで、ここで華道・生け花の流派について簡単にご説明しましょう。

生け花には、どんな流派があるの?

流派が細かく分かれていることでも知られている華道・生け花ですが、その数は現在300以上ともいわれています! その昔、木の枝をY字型にしたものを剣山のかわりにしてお花をさしていた時代から今にいたるまで、様式や技法は少しずつ形を変えながら広まってきたという華道・生け花。

なかでも「池坊(いけのぼう)」「草月流(そうげつりゅう)」「小原流(おはらりゅう)」は三大流派と呼ばれ、日本の代表的な流派となっています。三大流派以外でも、すべての流派に共通していえることは、「今ある花材を使い、それぞれの約束ごとにしたがって自在に生かして花を楽しむ」ということ。大勢の人が「楽しい!」と思うことは、何百年たっても自然に伝えられていくものなんですね!

■華道・生け花「三大流派」の特徴は?
【池坊】
・立花、生花、自由化という決まったパターンのスタイルがある
・草木が持っている特徴を見極めて、“草木”の個性を活かすこころを学べる
【草月流】
・形式にとらわれず、“活ける人”の個性を活かしたスタイル
・時代とともに変化することをいとわないため、自由な感性を磨ける
【小原流】
・盛花、瓶花、花意匠をはじめ、いろいろなスタイルがある
・表現方法が多様なため、生活空間に活かせる華道・生け花を学べる