「お茶をはじめてみようかな」と思ったときに、多くの人が迷ってしまうのが“教室選び”でしょう。もともと茶道は流派も多く、自分にピッタリの教室を探すときにあれこれ迷ってしまうのは当然のこと。今回は、失敗しない茶道教室の選び方についての目安となるポイントなどをご紹介しましょう!

失敗しない教室選びのコツとは?

茶道教室室
失敗しない教室選びのコツは、自分の目で見て確かめること。そして、もうひとつは経験者に話を聞くことです
茶道教室は、ホームページを持っているところもあれば、教室の入り口に小さな看板があるだけのところもあって、規模もさまざま。どちらにしても、初心者がいきなり門戸をたたくにはハードルが高そうなイメージってありますよね?

教室選びについてのアドバイスを茶道経験者にきくと、ほぼ100パーセントの確率で返ってくる返事は「先生との相性が大切」というもの。たしかに、習い事の多くは「こんなふうになれたらいいな」と先生に憧れて尊敬することで上達していきます。ただ問題なのは、「相性のいい先生とは、どうやって巡り会えばいいの?」という点。近くに経験者がいなければ詳しい情報をキャッチすることもままなりません。

では、どうしたらたくさんある茶道教室のなかから自分に合ったところを選ぶことができるのでしょうか?

失敗しない茶道教室選びのコツ——それは、異なるタイプの教室を最低2ヵ所、見学に行ってみることです。タイプが似ている教室や、1ヵ所しか見学をしなければ比較はできません。「ちょっと面倒かも……」と思っても、そこはあえてトライしましょう。

茶道は、結婚や転職、配偶者の転勤などライフスタイルが変わっても、長く続けられる習い事だからこそ、教室選びに慎重に吟味して損はありません! 一度、自分が師事する流派を決めたら、その後も基本的には変更はしない、ということも覚えておきたい茶道のしきたりのひとつです。