日々の暮らしを心豊かなものにする華道・生け花。「みんなは、どうやって教室を選んだの?」「毎月の費用は、どのくらいかかるの?」など、知りたかったけれど今まで聞くチャンスに恵まれなかった人も多いはず。ぜひこの機会に、失敗しない華道・生け花教室の選び方についてチェックしちゃいましょう!

失敗しない教室選びの3つコツとは?

花材
おけいこの前には使用する花材がズラリと並びます。自分の好みで選べる教室も多いけれど、はじめはいけやすいものを先生に相談しながら決めましょう
華道・いけばなは、茶道と並んで「やってみたいけれど、ハードルが高そうできっかけがつかめない……」と尻ごみして終わってしまうパターンになりがちな習い事の代表格。歴史と伝統を重んじる和のおけいこだけに、「本腰を入れて習わないといけないのでは?」というプレッシャーもあるのかもしれません。

それだけに、心配なのは「教室選び」について。300以上もの流派があるなかで、たったひとつの教室を選ぶのは難しいように思えます。

ところが、失敗しない華道・生け花教室の選び方は思った以上に難しいことではありません! なぜなら、華道・生け花教室はおけいこを見学に行けば作品を見せてもらえるので、自分のいけてみたい作風かどうかを判断する材料はいつでも揃っているからです。

また、同時に先生の雰囲気もそこでわかります。生徒さんへの接し方、物腰の柔らかさや厳しさ、お花に対する愛情の注ぎ方など、1回教室見学に行っただけでも意外と細かいところまでわかってしまうものです。

よくいわれていることですが、失敗しない華道・生け花教室の選び方のポイントは「作品」「先生」。作品の雰囲気が好きかどうか、「この先生に習ってみたい!」と思うかどうかで、その後のおけいこ生活が大きく変わってきます。

通う教室を決定する前に見学に行ってみるのがベストですが、流派による作品の雰囲気の違いを味わうだけなら各流派のホームページを見てみるのもおすすめ。各流派、それぞれたくさんの作品例が掲載されているので気に入った作風を見つけやすいでしょう。

もうひとつ、失敗しない華道・生け花教室の選び方のコツとして「場所」もあげられます。お仕事が忙しい人は会社の近くにして通いやすさを重視するのもいいし、お休みの日に通いたければ自宅の近くの教室を選ぶのもアリでしょう。

気をつけたいのは、おけいこの帰りに満員電車に乗る可能性がないかどうか、という点。おけいこで使った花材は持ち帰ることが多いので、ギュウギュウ詰めの電車に揺られて帰ったら、せっかくのお花がポロンと取れていた……なんて悲劇は避けたいものですね。