湖はレイクルイーズだけじゃない! モレーンレイク

背後にそびえるテンピークスという険しい峰々が、この湖の魅力を一段とアップ (C) ピークシーズンの昼間は、湖面のカヌーの数が多くなるので、朝一番のカヌーがおススメ (C) Banff Lake Louise Tourism/Paul Zizka

背後にそびえるテンピークスという険しい峰々が、この湖の魅力を一段とアップ (C) Banff Lake Louise Tourism/Paul Zizka

レイクルイーズに匹敵……もしかすると、上回る人気を集める湖がモレーンレイク。コバルトブルーの湖面、周囲を取り囲むテンピークスと呼ばれる険しい山々は、女性的な美しさを持つレイクルイーズとは対照的に、荒々しい男性的な魅力を放っています。

この湖は公共の足がないのが難点。ツアーに参加、レンタカー利用、または乗り合いタクシーを使ってアクセスするかしかありません。このモレーンレイクはヨーホー国立公園と組み合わせたオプショナルツアーがあるので、その利用が一番簡単。

また、湖畔には夏季のみ営業するモレーンレイク・ロッジがあり、宿泊はもちろん、食事や軽食の購入、カヌーのレンタルなども可能です。

<DATA>
■Moraine Lake
シーズン:6月初旬~9月下旬。これ以外の時期は道路が閉鎖され、車でのアクセスは不可

レイクルイーズでのアクティビティー

ピークシーズンの昼間は、湖面のカヌーの数が多くなるので、朝一番のカヌーがおススメ (C) Banff Lake Louise Tourism/Paul Zizka

ピークシーズンの昼間は、湖面のカヌーの数が多くなるので、朝一番のカヌーがおススメ (C) Banff Lake Louise Tourism/Paul Zizka

レイクルイーズでは湖上でのカヌー遊びや、周囲の山々のハイキングなど、存分にアウトドアを楽しむことができます。アウトドアには興味がないという人には、湖畔にある高級ホテル、フェアモント・シャトーレイクルイーズでティータイムがおススメ。極上リゾートホテルで最高の景色を眺めながらのティータイム。心身ともに癒されること間違いなし。

■レンタルカヌー
湖を正面に見て左手の湖畔にレンタルカヌーのショップがあるので、そちらでレンタル可能。エメラルドグリーンの湖面から眺める風景は、一生の思い出になるはず!料金は30分45カナダドル~。

■ハイキング
レイクルイーズ周辺はカナディアンロッキーでも屈指のハイキングスポット。半日で終わるレイクアグネスへのコースや、より本格的なビクトリア氷河へのトレイルを歩く、「プレーン・オブ・シックス・グレーシャー」がおススメ。もっと気軽に楽しみたい人は、湖畔を歩く散策コースでも十分楽しめますよ。

■乗馬
フェアモント・シャトーレイクルイーズそばからスタートし、湖の奥へ行く基本コースや、レイクアグネスなどのハイキングトレイルを歩く本格的なものまで、多種多様なコースが用意されています。料金は基本コース1.5時間で90カナダドル~。

湖畔に泊まるか、ビレッジに泊まるか? レイクルイーズのホテル

白亜のお城といった外観のフェアモント・シャトーレイクルイーズ (C) Fairmont Hotels and Resorts

白亜のお城といった外観のフェアモント・シャトーレイクルイーズ (C) Fairmont Hotels and Resorts

最大の見所であるレイクルイーズの湖畔にあるのが、フェアモント・シャトーレイクルイーズ。カナディアンロッキーを代表するリゾートホテルで、湖が見える部屋があるのは、このホテルだけ。その他のホテルは、大半がビレッジにあり、湖からはやや距離があります。

レイクルイーズのホテルについては、カナディアンロッキー・レイクルイーズのホテルをご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。