コールマンの「スクールマミー」を選んだ決め手は「軽さ」と「薄さ」

 

 コールマンのシュラフ「スクールマミー」

上の子どもが小学校に上がる前、あれこれ検討して購入したシュラフ(寝袋)が、コールマンの「スクールマミー」です。

決め手となったのは、「軽さ」と「薄さ」。子どもがリュックに入れて歩いても負担にならない、コンパクトサイズのものを選びました。

軽くて薄いだけあって、実際使い始めてみると、「寒くないかな?」と気になったのですが、子どもは一般的に大人に比べて体温が高め。寝ているあいだに暑くなって、無意識のうちにシュラフから出てしまうことがあるため、薄いものを選んで正解でした。

とはいえ、こちらの商品の最低使用温度は10℃ということですから、冬場を除くスリーシーズン使い回せます。ちょっと肌寒いときは、中に着る物や、下に敷くマットなどで調整しています。

ちなみに、シュラフには封筒型とマミー型があり、どちらを選ぶかは個人の好みなのですが、収納性と保温性の点からいえば、マミー型の方が優れています。ただし、封筒型は布団そのもののような形をしていますので、こちらの方が寝ていて落ち着くという方も多いようです。

我が家は全員、「すっぽり包まれている感じ」が好きですので、迷わずマミー型を選択しました。子どもたちも、「サナギになったみたい!」「た~らこ~、た~らこ~」(たらこキューピーのつもり?)と喜んで使っています。




投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。