ほどよい焦げ目が食欲をそそる

しし唐の明太子ササミ射込みundefined

しし唐の明太子ササミ射込み 

しし唐に明太子と鶏のササミを詰めて、フライパンで焼きます。明太子はたらこに替えられます。作るのも焼くのも短時間でできるし、さっぱりしていて塩気もじゅうぶんなので、夏のおつまみとして大合格です。

材料

  • ししとう  10個
  • 明太子  大さじ1ぐらい
  • ササミ   1枚
  • 酒        少々
  • 塩         少々  (親指と人差し指で軽く1つまみ)
  • 片栗粉  小さじ1/3
  • サラダ油 少々

作り方

  1. しし唐はヘタを落とし、真ん中に切り目を入れて、竹串で目立った種を取り除く。
  2. ササミはスジを取って、しし唐の大きさに合わせて細く切り、酒少々、塩少々をからめ、片栗粉をふりかけて混ぜる。
  3. しし唐に明太子を大豆2~3個分ほど詰め、ササミを詰める。(画像2)
  4. undefined

     

  5. フライパンに油を熱し、肉の面を下にして並べ、弱火でゆっくり焼く。ほぼ火が通ったらところで裏返して軽く焼いて、いい感じの焦げ目をつけて出来上がり。
undefined

 

※裏返すのは1度だけ。家庭菜園のしし唐なので、形が不ぞろいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。