ボールニートゥチェスト

体を伸ばした状態から、腹筋を使ってひざを胸のほうへ引き寄せるトレーニング。腹直筋のほか、腕でカラダを支えるため、大胸筋や上腕三頭筋にも効果的です。

【HowTo】
ボールニートゥチェストundefinedその1

手順1

両足をボールの上に乗せ、カラダがまっすぐになる位置に両手をつきます。








ボールニートゥチェストundefinedその2

手順2

腹筋の力を使って、ひざを胸に引き寄せ、再び元の位置に戻します。この動作を繰り返しましょう。







【ポイント】
・5~10回/1セットとして、1日2セットを目安に実施
・腹筋に意識を集中して、反動をつけずにゆっくりと動作すること


いかがでしたでしょうか? いずれの種目も慣れないうちはバランスをとるのが難しいかもしれませんが、続けていくうち、気がつくと自然に正しいフォームで行えるようになっているでしょう。

ボールを使うことでの新鮮な気持ちを味わいながら、無理のない範囲で行って、ボディラインを磨き上げましょう。




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。