自分の駒に生き生きと動いてもらうことが勝利へ欠かせぬ条件である。駒と駒が連携し、チームワークよく働いてくれれば、言うことはない。ところがである。ところが、多くの場合は、自分の駒の動きをじゃまするのは、自分の駒なのである。相手の駒ならば取って進むことができるが、自分の駒は取ることができないからだ。


身動きができなくなってしまった駒

身動きできぬ駒

身動きできぬ駒

図をご覧いただきたい。まずは「飛車」に注目していただこう。ご存じのように、通常なら「飛」はもっとも動ける箇所の多い駒だ。ところが、図の「飛」はまったく動くことができない状態になっている。前後左右に味方の駒があり、動きようがないのだ。これでは、いかに「飛」と言えども、活躍のしようがない。

さらに、見ていただきたい。なんと「香車」も袋小路に陥ってしまっている。後ろに下がれぬ「香」は悲しみにふるえているだろう。

さらに、よく見ていただきたい。「桂馬」も同様なのだ。ぴょんと跳ねようにも、着地地点に自分の駒がいて、ままならぬ状態である。

悲しいかな、これだけでは終わらない。あの軽快なフットワークを誇る「銀将」を見ていただきたい。「銀」も泣いているではないか。つまり、図の状態は、なんと4枚の仲間が味方に邪魔をされ、動けぬ状態におちいってしまっているのだ。こういう状態を「じゃま駒」状態と呼ぶことにしよう。

 


特に自陣で気をつけたい駒の動き(いつ・どこ)

例でも出したように、多くの駒が集まっている自分の陣地では、特に「じゃま駒」に注意が必要だ。位置だけではない。動かす順序を間違えてしまったために、「じゃま駒」を作ってしまうケースは、そう珍しいことではない。これを将棋用語で「手順前後した」というので覚えておいてほしい。「じゃま駒」を作らぬために大切なことは、順序と位置、つまり「いつ」と「どこ」なのだ。この感覚を身につけるのに、最適な将棋パズルがある。紹介しよう。さっそく盤と駒を用意していただきたい。


将棋パズルで感覚を身につけよう

パズル・スタート

パズル・スタート

右のスタート図をご覧いただきたい。見慣れた将棋の初形……ではない。よく見ると「飛」と「角」の位置がさかさまになっている。

 
パズル・ゴール

パズル・ゴール

もう、おわかりだろう。このパズルのゴールは「飛」と「角」を入れ替えて、正しい初形に並べ替えることだ。もちろん、それぞれの駒は正式な動き方しか許されていない。

 


パズルで学ぶ駒の動き

パズルで学ぶ駒の動き

簡単そうに見えて、これが難しい。さあ、あなたも駒を並べ、実際にトライしてほしい。まず、どの駒を動かせば良いだろうか? とにかく、頭をひねっていただきたい。 では、次ページから、いっしょに解く方法を考えていこう。