私がいつもキャンプで行う方法です。いくつかポイントがあります。
時間が経つと米粒がくっつき固まってしまい、焦げも落ちにくくなります

時間が経つと米粒がくっつき固まってしまい、焦げも落ちにくくなります


必要な道具

  • 三角ヘラ(100円ショップ、スーパーなどで入手可能)
  • 鍋、コッヘルなど、お湯を沸かすもの
  • たわし、スポンジ
  • クレンザー
ご飯が炊けた後はできるだけ早くよそってしまいましょう。食べきれない量の時はおにぎりにするなどしましょう。あるいは雑炊にする手もあります。時間が経つと米粒がくっつき固まってしまい、焦げも落ちにくくなります。

手順

  1. 鍋・コッヘルなどでお湯を200cc程沸かしておき、空になった飯盒に移します。
  2. 蓋を閉じ、最低10分間は蒸らします。焦げがひどい場合は、お湯を少し増やし20~30分蒸らします。
  3. 蓋を外し、中にこびり付いていたご飯、焦げを三角ヘラでこそげ落とします。蒸らし時間が適切であれば、ご飯はふやけ焦げは剥がれやすくなっており、軽い力で落とせるはずです。
  4. 最後にクレンザーを付けた、たわしか、スポンジで洗います。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。