まずは知ってほしい、スウェーデンの世界遺産

スウェーデンは、1984年にユネスコの世界遺産条約に署名をした後、1991年にスウェーデン初の世界遺産として、ドロットニングホルム(Drottningholm)の王領地が登録されました。2013年現在、スウェーデンには13の文化遺産、1つの自然遺産、文化遺産と自然遺産の両方に登録されている複合遺産が1つあります。

ストックホルム周辺の世界遺産」に引き続き、ここでは、スウェーデン全土に広がる他の世界遺産を紹介します。スウェーデンというとデザインや雑貨、家具を思い浮かべる人が多いと思いますが、世界遺産を知ると、きっとスウェーデンの他の一面が見れると思います。では、北部、中部西部南東部と順番に紹介していきます。

ガイドのいちおし世界遺産

varldsarvgotland1

高台から望むヴィスビーの町並み、どこか見覚えのある風景だとおもいませんか

ストックホルム周辺の世界遺産を除くとスウェーデン全土に12カ所の世界遺産があるのですが、その中からおすすめの世界遺産を3つを紹介します!

やはり一押しは、映画「魔女の宅急便」の舞台にもなったといわれているスウェーデン南東部ゴットランド島の「ヴィスビーのハンザ同盟都市」です。町の高台から眺めるヴィスビーの町は、「あ、見覚えある」と思わせてくれるはずです。

次にお薦めなのが、スウェーデン中部にある「ヘルシングランドの装飾農家」。外側は普通の農家と変わらないのですが、一歩中に足を踏み入れれば、きっとスウェーデンの昔の農家の様子だけでなく、スウェーデンのテキスタイルやデザイン、工芸品や雑貨のルーツを肌で感じられると思います。

最後は、自然遺産と文化遺産の両方に登録されている、スウェーデン北部にある「ラポーニア」。トナカイと遊牧生活をしてきたサーメ族の歴史と文化に触れ、ラップランド地方の大自然を満喫できる世界遺産です。

次から、スウェーデンの地方ごとに分けてスウェーデンの世界遺産を一緒に紹介していきます。

スウェーデン北部の世界遺産

varldsarvgammelstad

スウェーデン北部、ルレオーにある世界遺産ガンメルスタードの教会街、写真:Lena Nilsson/lulea.se

スウェーデンの北部には、文化遺産と自然遺産の複合遺産であるラポーニア(Laponia)、文化遺産としてスウェーデンとフィンランドの間にあるシュトルーヴェの測地弧(Struves meridianbåge) とルレオー(Luleå)にあるガンメルスタードの教会街 (Gammelstads kyrkstad)、自然遺産としてホーガクステン(Höga kusten)が世界遺産として登録されています。

西ヨーロッパ最後の荒野にサーメ族が住む、ラポーニア地域

varldsarvlaponia

ラポーニアのあるスウェーデン北部、ラップランド地方、イエリバーレのサーメの人 
写真:staffan_widstrand/imagebank.
sweden.se

「ラポーニア」とは、スウェーデン北部のラップランド地方に広がる手つかずの自然が残っている地域で、現在は4つの国立公園と2つの自然保護地域からなっており、9400平方キロメートルもあります。

自然遺産のみならず、文化遺産として登録された理由はスウェーデンの先住民であるサーメ族がその昔からこの地域で遊牧生活を続けており、自然とトナカイ、サーメ人の遊牧生活を知ることのできる数少ない場所だからです。

■アクセス方法
ラポーニア地域の玄関となるのは、ヨックモック(Jokkmokk)、もしくはイエリバーレ(Gällivare)です。イエリバーレの方が交通の便がよく、ストックホルムから飛行機で約2時間、電車で15時間ほどかかり、寝台列車も出ています。ヨックモックは、飛行機ならルレオーを経由し、電車ならば、ムリエック(Murjek)を経由して行くことができます。イエリバーレやヨックモックの町からはバスでラポーニアにある国立公園に行けます。

 

まだまだ、北部の世界遺産続きます。