レクリエーション名

八百屋さんゲーム

必要な道具

とくに必要なし

ルールや魅力などの説明

リーダーが「トマト」と言ったとします。すると次の人が「トマト、キャベツ」というと、その次の人は「トマト、キャベツ、ピーマン」……という感じですすめていきます

リーダーが「トマト」と言ったとします。すると次の人が「トマト、キャベツ」というと、その次の人は「トマト、キャベツ、ピーマン」……という感じですすめていきます


キャンプファイヤーで楽しめるゲームとして「八百屋さんゲーム」がオススメです。

やり方は簡単。まずリーダーを決めて、八百屋さんに売ってあるものの名前を言います。

次の人は、リーダーが言ったものの名前と自分が考えたものの名前を言います。すると、その次の人はリーダーが言ったものの名前と、次の人が言ったものの名前と、さらに自分の考えたものの名前を言います。

このようにクリアすればするほど、あとの人たちへの記憶力が必要となってくるゲームです。

順番通りにものの名前が出てこなかったり、間違えてしまったらそこでゲームは終了となります。

例えば、リーダーが「トマト」と言ったとします。すると次の人が「トマト、キャベツ」というと、その次の人は「トマト、キャベツ、ピーマン」……という感じですすめていきます。

小さなお子さんなどには少し難しいかもしれませんが、小学校高学年以上になると、ビックリするくらい続いて大盛り上がりすることも。

もちろん八百屋さんで売られているもの以外でゲームをしても構いません。「スーパー」や「魚屋」などのお題をアレンジしても楽しめるかと思います。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。