レクリエーション名

ハンカチ落とし

必要な道具

ハンカチ、もしくはハンカチの代わりになるハンドタオルなど

ルールや魅力などの説明

 

小さなお子さんから大人までが知っているゲームですので、楽しめると思います


キャンプファイヤーで盛り上がるゲームとしてハンカチ落としはいかがでしょうか。

ハンカチ落としと聞くと、室内でするゲームのように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、火を囲んで行うキャンプファイヤーでも大盛り上がりするゲームなのです。

ルールは簡単です。

まず、鬼を一人決めて、さりげなく誰かの後ろにハンカチをぽとんと落とします。

落とされた人は一周まわって鬼が戻ってくるまでに立ち上がり、鬼を追いかけます。見事鬼を捕まえることができたらセーフ。鬼が自分の座っていたところに座ってしまったり、ハンカチを落とされたことに気付かずに1周まわってタッチされると、鬼と交代しなくてはなりません。

室内と違って外なので、小さくなってしまうハンカチよりは、ハンドタオルのような大きめのものの方が楽しめるかもしれません。

小さなお子さんから大人までが知っているゲームですので、楽しめると思います。

ただし、火のそばなので、火にぶつからないように「早足で歩く」などのルールを設定しておくとよいと思います。

キャンプファイヤーの際には是非お試し下さい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。