家のカビで怖いのは、見えないところで知らない間に繁殖しているところです。カビと気付かないまま放置していたケースも少なくありません。今回は、我が家のカビをチェックする5つのポイントをご紹介しますので、リフォームの際の小さな工夫でしっかり対策しておきましょう。

気付かないまま、見えない場所で着々と育つカビ

冬の窓周り

結露によるサッシのカビ。リフォームの時の小さな工夫で対策を。

キッチンや浴室、洗面所など水まわりのカビは、見えやすいところに出てくるので、除去剤で対策、乾燥させることで防いでいくことができます。

しかし家の中には、見えにくい場所で着々と育っているカビもあり、ずっと気付かないまま、リフォームの時に指摘されて初めて知ったという人も少なくありません。

知らないうちに大繁殖したカビに囲まれて暮らしていた!なんてことにならないよう、我が家をもう一度点検してみましょう。まずは気付きにくい足元のカビと、その対策リフォームからご紹介します。

 

足元からただよう臭いをチェック、和室や押入れ、畳の下も
〈家のカビ対策リフォーム-1〉

ホウキ

畳やカーペットをめくって臭いを嗅いだり様子を確認してみて。

まずは和室の畳やカーペット、ラグを持ち上げて臭いを嗅いでみましょう。カビ臭がしたら要注意!上から見ると何ともなくても、裏側がカビだらけになっていることがあります。

押し入れの中も要チェックです。中がカビくさいのは湿気た布団のせいだけとは限りません。

家のカビの原因として、結露や換気不足の他に、地面からの湿気があります。湿気の多い土壌に建てられた家で、特に床下がすぐ土という家は、その影響をダイレクトに受けるので、カビが生えやすい状態にあります。

特に押し入れの床板は他の部分に比べて薄いことが多いので、床下の湿気の影響を受けやすくなっています。

カビ臭いと思ったら床下を確認し、湿気が多い土壌の場合は、床下換気扇の取り付けや乾燥剤で対策リフォームをしておきましょう。これはカビだけでなく、土台の腐食を防ぎ、家の健康を守るためにも有効なリフォームになります。

床下の湿気の確認は専門業者に依頼することをお勧めしますが、自分でもわかる簡単な目安として、冬の乾燥した時期に床下をのぞき、完全に乾いていない土が見えたら、湿気が多い土壌の可能性があります。

 

床下換気扇や乾燥剤は、必ず信頼できるリフォーム業者に相談を

床下換気扇の取り付けは、1台2~3万円前後で、その他に電気配線工事と設置工事費用が掛かります。ただし、取り付けには注意が必要で、空気の入口と出口を確保し、かつ風が隅々まで流れるような設計をすることが重要です。

安易に換気扇さえ付ければ解決するという問題ではありませんので、まずは信頼できるリフォーム業者に床下を点検してもらいましょう。中には、訪問販売でむやみに床下換気扇や乾燥剤を売りつけようとする悪質なリフォーム業者もいますので注意して下さい。

和室の塗り壁をチェック、壁に浮き出た黒っぽいシミに要注意
〈家のカビ対策リフォーム-2〉

和室の大敵

壁のシミだと思っていたらカビだった!ということも。

次に和室の壁をチェックしましょう。塗り壁の表面に黒っぽいぼんやりとした斑点状のシミを発見したら要注意です。

この黒いシミはカビなのですが、気付きにくい上に、何だかよくわからないままに放置されているケースが多いのです。

このカビは和室を納戸化している家でよく見られます。あまり使っていない部屋は風通しもサボリがちで、カビの生えやすい環境にあります。一番の対策は、風通しをよくしておくこと。毎日部屋に風を通し、家具は壁から離して置きましょう。

 

和室で部屋干しはNG、塗り壁のカビは思い切ってリフォームを

普段使っていない部屋だからと言って、和室で洗濯物の部屋干しをするのはNGです。部屋干しをすると、室内の湿度が急激に上がり、カビが生えやすくなります。

このカビは一旦生えてしまうと、なかなか退治することができません。壁の上塗りを剥がし、塗り直しをするのが一番の早道になりますので、思い切ったリフォームで和室のイメージチェンジをする機会にするといいでしょう。

子ども部屋の壁紙の裏をチェック、サッシの黒い汚れにも要注意
〈家のカビ対策リフォーム-3〉

寒い北側の部屋は危ない

特に北側に面した子ども部屋は要注意。断熱リフォームと自然素材で対策を。

壁紙の継ぎ目もチェックしてみましょう。継ぎ目に黒い汚れが見えたら要注意、カビの可能性があります。

リフォームの時、古い壁紙をはがしてみたら下地や壁紙の裏がカビで真っ黒になっていることがあります。特に冬に冷えやすい北側の壁や、空気の流れが悪い部屋の隅でよく見かけます。

サッシの周辺についている黒い斑点も、汚れではなく多くがカビです。特に気を付けたいのが、北側の部屋で、外壁面にぴったりと付けてベッドを置くレイアウトです。北側の壁は結露しやすく、ベッドを置くことで更にそれが加速されます。中には、子ども部屋のベッドのそばの壁とサッシが黒ずんでいて、汚れだと思っていたらカビだったケースもあり、そうなると健康被害も心配です。

このカビの原因は結露にあります。断熱性能が低い壁や窓には結露が発生しやすく、その湿気によってカビが発生しています。

 

断熱リフォームで結露を防いで、漆喰や珪藻土もカビ対策に効果あり

窓と壁のカビを防ぐには、断熱性能を上げるリフォームで結露を防ぐのが早道です。断熱方法にはいろいろありますが、手軽にできる方法として、壁の表面に断熱材を取り付ける、窓に内窓を取り付けるなどがあります。これらの断熱リフォームは、結露だけでなく、夏はエアコンの効きを、冬は暖房の効きをよくするので、エコで快適な環境を作ります。

壁材に、調湿効果がある漆喰や珪藻土などの自然素材を使うのも、結露を防ぐ効果があります。もちろんベッドを壁から離しておくことも忘れずに。

カビはアレルギーや病気の原因、ダニのエサにもなることもあり、健康に害を及ぼすやっかいなしろものです。子ども部屋は特にしっかり対策しておきましょう。

手軽な自然素材の壁リフォームやマンションでの結露対策については、下記で詳しくご紹介していますので、あわせてご覧下さい。

外壁に面したクローゼットをチェック、衣類がダメになることも
〈家のカビ対策リフォーム-4〉

詰め込み過ぎは危険

洋服をギッシリ詰め込むと防虫剤が行き渡らず、虫もわきやすい。

外壁に面したクローゼット内部も要チェックです。収納は、扉を締め切っていることが多いので空気の流れが悪くなりがちです。特に外壁に面した壁にあるクローゼットは、結露によるカビ被害にあいやすいので注意が必要です。

中には、リフォームでクローゼットを作ったら、結露がひどく洋服がびっしょり。除湿剤を置くだけでは追いつかず、カビの温床になってしまった家もあります。

このようなことが起きやすいのは、やはり北側の壁面です。外壁面に収納を作る際は、しっかり断熱リフォームをして、結露とカビ対策をしておきましょう。

 

クローゼットのカビは、4つのステップで対策を

クローゼットがカビ臭いと感じたら、次の4ステップで対策しましょう。

  1. 脱いだ服はすぐには入れない、乾かしてから。
  2. ドアを開けて風通し、除湿剤を置く、換気扇を付けて空気の入れ替えをする。
  3. 外壁に面しているクローゼットは、壁面に断熱リフォームを行う。
  4. クローゼット内部に調湿建材を張る。

もちろん洋服をギッシリ詰め込まないよう、余裕をもったプランにしておくのも、カビを寄せ付けない大事なポイントです。クローゼットの上手な作り方や調湿建材については、下記でご紹介していますで、参考にしてみて下さい。

網戸や換気口、エアコンのフィルターのカビにも要注意
〈家のカビ対策リフォーム-5〉

意外な場所にもカビが!

網戸のカビにも要注意。梅雨時はシッカリ掃除を。

家の中の意外なカビは、まだ他にもあります。例えば網戸や換気口、エアコンのフィルターなどの細かいアミ目部分はカビが生えやすく、そのままにしておくと、カビが空気に乗って家中に広がることになります。湿気の多い時期はまめに掃除をしておきましょう。

カビが生えやすい意外な場所として、浴室の天井があります。カビを防ぐ最大の方法は徹底乾燥ですので、浴室リフォームの際には換気扇や乾燥機の取り付けを忘れずにしておきましょう。

家の臭いが強い家は、概してカビが生えやすい状況にあります。と言うのも、湿気は臭いを増大させてしまうからです。下記に家の臭い対策リフォームについてご紹介していますのであわせてご覧下さい。 【関連記事】


Copyright(c)2017 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

LIFULL HOME'Sでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。