内窓・二重サッシとは今あるサッシに後付けする樹脂製の窓

寝室に内窓を後付けリフォーム

寝室に内窓を後付けリフォームした様子。冷え冷えとした寝室も窓をしっかり押さえれば冬も暖かく眠れる(事例YKK AP

内窓とは今あるサッシの内側に、もう1セット後付けする樹脂製の窓のことです。内窓は、住まいの断熱性能を向上させ、光熱費を削減、窓の結露を抑え、防音効果もあります。色やデザインが豊富なのでインテリアとしても楽しむことができ、またLow-Eペアガラスを選べば更に性能アップ! 手軽にできて効果が大きいリフォームです。

<目次>

二重サッシとは内窓のこと、簡単な後付けリフォームで効果抜群

窓は家の断熱の弱点です。断熱性能が低い窓が取り付けられた家は、窓から熱がどんどん逃げてしまうため、いくら冷暖房をしても夏は暑く冬は寒いまま。冷暖房の効きが悪いため、光熱費がかさんでしまいます。また断熱性能が低い窓には結露がしやすいという悩みもあります。

家の快適度を上げる一番の早道は、窓の断熱性能を上げることです。と言うと難しそうですが、内窓なら今ある窓に簡単に後付けリフォームができて効果は抜群! これらの悩みを解決することができます。取り付け工事に掛かる時間は1箇所につき約1時間程度で、よく言う二重サッシとはこの内窓のことを指しています。

内窓を取り付けると、今ある窓との間にできる空気層が断熱効果を発揮し、冬の寒さを防いで光熱費を節約、また結露も防いでくれるので、快適で省エネな暮らしができるようになります。
内窓・二重サッシの取り付けの様子

今ある窓の内側に取り付ける内窓。間の空気層が断熱効果を発揮し、結露防止や防音効果も期待できる(資料LIXIL


内窓はマンションでも大活躍、断熱性向上、結露防止、防音効果も

内窓はマンションでも大活躍します。ガイドYuuの事務所でも内窓の取り付けリフォームをしたことで、あれだけひどかった結露の悩みが解消され、冷暖房の効きがよくなり、光熱費を削減することができました。

また内窓は防音効果が高いのも特徴です。それまでは車の騒音がひどくテレビの音が聞こえないこともありましたが、取り付け後は静かに仕事ができるようになりました。もちろん体感には個人差がありますが、内窓の取り付け前後で、暮らしの快適度が大幅に向上しました。

内窓の防音効果

内窓は防音効果も大きい。内窓の後付けリフォーム後は静かに仕事ができるようになった(資料LIXIL)


内窓を取り付けると、約40デシベルの遮音効果があるとされています。幹線道路沿いの周辺の騒音は約70デシベルですので、マイナス40デシベルで室内は約30デシベル。30デシベルと言うとだいたい静かなホテルの室内程度の環境です。

WHOの夜間騒音ガイドラインによると、質の高い睡眠をとるためには30デシベル以下が良いとされていますので、寝室の窓に防音対策で取り付けておくのも良さそうです。

次のページでは、内窓のいろいろなデザインのご紹介、リフォーム時の注意点、そして減税や補助金制度についてです。