住まいの断熱の基本は3項目 

住まいの断熱の基本は、1.断熱材を厚くする 2.開口部を断熱する 3.気密工事をする の3つです。これらの施工を行えば、冬暖かく、夏涼しい生活を営むことができます。今回は「2.開口部を断熱する」について考えていこうと思います。開口部とはつまり窓ガラスや窓枠です。


ガラスにも断熱と遮熱がある 

窓は開け閉めをしていなくても夏には外の熱の7割が入り込み、冬には約半分の熱が逃げていきます。したがってきちんと断熱されていなければ冷房も暖房も効果が半減するのです。効果を発揮するには、それなりのガラスを使わなければ機能を満たすことはできません。一般的にはエコガラス(Low-Eガラス)といわれるものです。エコガラスには断熱タイプと遮熱タイプがあり、建物の方位によって使い分けます。
Low-Eガラス

Low-Eガラスの仕組み

※Low-E膜・・・光や熱を浸透、反射させる金属の膜