バラ愛好家にとって、聖地のようなバラ園

 

 

知っている人は当然知っている、知らない人は全く知らない、千葉でも知名度が両極端だと思われるのが、京成バラ園です。実は京成バラ園は、日本を代表するバラ園の一つとして、バラ愛好家(ロザリアン)の聖地のような場所なのです。

バラは春と秋の二回咲きますが、はやり春の方が賑やかです。京成バラ園では、最盛期を「スペシャルローズウイーク」として毎年定義しており、今年は5月10日(金)~6月16日(日)になってます。入場料金も最盛期が一番高く1200円ですが、今週から800円になりました。なので今週がオススメなのです。

さらに今週から、「カップル割 ペアチケット」が発売され、チケット窓口で「愛しあっています」と唱えると、男女カップル二名で1,000円で入園出来るのです。つまり、500円で日本を代表するバラ園が見れるのです!!しかも、実際にペアチケットを見てビックリ。525円相当の豪華な京成バラ園オリジナルポストカードでした。という事は、実質一名238円で入園出来てしまったという訳。これは行かないと損です!

もう最盛期を過ぎているので大丈夫とは思いますが、最盛期の週末は駐車場が満車で駐車に苦労するようです。来年の最盛期に予定される方は、朝一を目指して下さい。なお最盛期の週末は朝6時から営業しています。

■京成バラ園

住所:千葉県八千代市大和田新田755
電話:047-459-0106
営業時間:9:00~18:00(入園は17:30まで)時期により変動。最盛期週末は早朝6:00~。
入園料金:春のトップシーズン1,200円、通常シーズン(春秋)800円、オフシーズン300円。
(他に5時から特別営業時の2000円や、各種割引制度あり)
HP:http://www.keiseirose.co.jp/garden/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。