7月に入ったとたん、連日の猛暑日! 照りつける太陽にムワッとした熱気でクラクラしてしまいますが、こうなると当然肌の調子もダウン。テカリ、ベタつき、ニキビはもちろん、毛穴の開き、肌のくすみ、肌痩せ感などなど、肌不調を挙げればきりがないほど。思わずスペシャルケアに頼りたくなりますが、ちょっと待って。疲れた胃にウナギがヘビーなように、いきなりカンフル剤を打つよりまずはベーシックケアを見直して、肌を立て直すことが大切。

ミルクタイプで丁寧に丁寧にクレンジング

見直しポイントはクレンジング。夏はメイク崩れをしないよう日焼け止めにしてもファンデーションにしても肌への密着性が高まったアイテムが多くなります。なのにクレンジングが適当だったら……、そりゃあ肌力も低下しますよね。私のおすすめはミルクタイプのクレンジング。肌にマイルドなぶん、汚れ落ちがイマイチと言われていますが、使い方を間違えなければ、肌の潤いをキープしたまま汚れが落とせるので本当に優秀。

肌自らの力を引き出し、健康な肌を育む

たとえば、ドイツの「マルティナ」のクレンジングミルクは、植物性の安全性と、肌への優しさ、効果にこだわったオーガニックブランド。乳化剤ですら大豆由来のレシチンでできているほど! だから、1度目に肌表面の汚れを落としたら、次は毛穴の奥から汚れを浮かしだすため5分くらいマッサージすると、肌がもっちり、透明感が上がるのです(通常、クレンジングでのマッサージは潤いを取りすぎてしまうのでご法度です!)。こうすると素肌力が呼び覚まされ、その後にスキンケアをしなくても潤いが実感できるそう。確かに「汚れを落とす」というより「肌を活性化するためのお手入れ」という感覚になります。

マルティナ オーガニックスキンケア ジンセナクレンジングミルク

マルティナ オーガニックスキンケア ジンセナクレンジングミルク


おもちゃ箱
マルティナ オーガニックスキンケア ジンセナクレンジングミルク 150ml  4,200円
http://www.martinaorganicskincare.com/


医師が肌悩みを解決すべき開発!

もう1つは、美しさを自らが体現していると言っても過言がない、松倉 HEBE DAIKANYAMAの草野貴子院長が開発したクレンジングミルク。多くの患者さんが抱える肌問題を解決すべく、クレンジングミルクを開発した草野先生。効果を追求する「医師の目(サイエンス)」と、使用感のよさを追求する「女性の感性(植物の心地よさ)」を見事に融合したミルククレンジングは、手早くやっても汚れ落ちはすっきり、後肌しっとり、を実現してくれるスグレもの。これまでのクレンジングミルクの固定概念が変わりますよ。

スノウ ザ ラディアント クレンジング

スノウ ザ ラディアント クレンジング


松倉 HEBE DAIKANYAMA
スノウ ザ ラディアント クレンジング 200g 5,250円
http://www.hebe.co.jp/

肌は自ら汚れを落とすことはできません。だからこそ、潤いを残しつつ汚れはきちんと落としてあげる。これを最低2週間続けると、肌は確実に変わってきますよ!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。