人気の中古住宅リフォームに潜む意外な失敗、我慢して住み続けるケースも

中古住宅 リフォーム リノベーション 住宅リフォーム 中古物件 費用 購入 失敗

人気の中古住宅リフォームにも意外な失敗が。夏暑い、冬寒いなどガマンして住み続けているケースも。

中古住宅は新築に比べて、立地条件や広さの割りに値段が手ごろですから、自分好みにリフォームすれば、ハード面でもソフト面でも満足度の高い家づくりができます。

しかし中古住宅リフォームには意外な落とし穴が潜んでいることがあり、比較的新しいにもかかわらず予想外に傷んでいて新築以上の費用が掛かってしまった、構造などの制約から思ったようにリフォームができず我慢して住み続けている、中には10年後に大変な目にあったというケースもあります。

今回は実際にあった失敗事例から、失敗しやすいケースとリフォーム成功のポイントをご紹介します。
 

暑い、寒い、結露がひどい!古い家に必要な多額のリフォーム費用とは

中古住宅 リフォーム リノベーション 住宅リフォーム 中古物件 費用 購入 失敗

快適な住まいにするには断熱性や耐震性など「家の基本性能」が大切。結露は断熱性の低さが原因。

築年数が古い家でも、内装や設備機器が新しくオシャレにリフォームされていれば、一見快適に暮らせるように見えます。

しかし見た目がいいからといって快適とは限りません。実際に住んでみたら、夏は暑くてじめじめ。冬になれば窓は結露でびっしょりで、いつの間にか壁紙はカビだらけ、と言うようなことが起きる可能性があります。

特にマンション住まいから、古い一戸建てに引っ越した時に強く感じるのが冬の寒さです。どこからともなくスキマ風が吹いてきて寒い、いくら暖房しても冷えるので光熱費がうなぎ登りといったようなケースは少なくありません。

このような状況に陥るのは、家の基本性能が低いことが原因です。築年数が古い家は、断熱や耐震、換気といった基本の性能が、昔の基準で建てられているため、快適に安全に暮らすためには性能向上のリフォームが欠かせません。

しかしこれらのリフォームには高額な費用が掛かること、またリフォームしたからといって見た目が変わるわけではなく、その真価は実際に住んでみないと分からないため、結局後回しにされて、我慢して住み続けることになってしまうのです。
 

築年数でわかる!中古住宅の性能アップのリフォーム費用を忘れずに

中古住宅 リフォーム リノベーション 住宅リフォーム 中古物件 費用 購入 失敗

性能アップのリフォーム費用を忘れずに予算に入れておこう。

中古住宅を購入してリフォームをする際は、断熱や耐震、換気システムなど、家の基本性能をよく確認し、それらを向上させるリフォーム費用を忘れずに予算取りしておきましょう。

性能確認の鍵となるのは、1981年、1999年、2003年です。1981年で耐震性能、1999年で断熱の基準となる省エネ性能が新しくなり、2003年には新築住宅に24時間換気システムの設置が義務付けられました。

つまりそれより古い年に建てられた住宅はそれぞれの性能が低い可能性がありますので、快適な家にするためには、これらの性能アップのリフォームを忘れずに加えておく必要があります。

具体的には、1981年より古い家は耐震リフォームを、1999年より古い家は窓ガラスを複層ガラスにしたり屋根裏や床下に断熱材を入れたりする断熱リフォームを、2003年より古い家は24時間換気システムを取り付けるリフォームをしておきましょう。

ただし省エネ基準に関しては今のところ義務ではないので、新しい家でも基準を満たしていない可能性があります。性能のレベルによってリフォームの範囲と費用が変わりますので、事前にしっかり確認しておきましょう。
 

浅築の中古住宅で、設備も新しかったのに失敗!

中古住宅 リフォーム リノベーション 住宅リフォーム 中古物件 費用 購入 失敗

無人の家は傷みが進みやすいので要注意。今まで管理方法をよく確認して。

築年数が浅い、比較的新しい中古住宅で、失敗してしまったケースもあります。

設備も内装も新しく、最初はキレイだったのに、1年ほどでカビ臭くなり、よく見たら壁紙の裏側が真っ黒、ほどなくして床下もブカブカに。結局多額の追加リフォーム費用が必要になったケースがあります。

これは無人の期間が長く、風通しをしていなかった家で見られる現象です。よく「人が住んでいない家は傷みやすい」と言いますが、これは風通しなど日々のメンテナンスが不十分だと、結露やカビが発生しやすくなり、傷みが早く進むからです。

中には、結露で腐食し、浅築の家でも壁や床の下地までリフォームが必要になったケースがあります。もちろん無人でも、24時間換気を行い、マメに風通しやメンテナンスをしていた家なら安心です。

中古住宅の購入前には、後から追加費用が出ないよう、その家がそれまでどのような住まわれ方や管理をされていたか、よく確認しておきましょう。
 

よく調べなかったために、10年後に1000万円の差がついたケース

中古住宅 リフォーム リノベーション 住宅リフォーム 中古物件 費用 購入 失敗

住まいのメンテナンスは1回さぼると、次に掛かる費用が倍増することも。今までの履歴をよく確認して。

家は建った瞬間から経年劣化が始まっています。家を健康に保ち続けるためには定期的なメンテナンスが必要です。

特に屋根、外壁、床下など、構造部分の点検やメンテナンスは、10年おきに行うのが基本です。

これらのリフォーム費用として、築10年目で100万円~200万円、築20年目で設備の交換などを含めて500万円~ほどを見ておきましょう。

その際、注意したいのが屋根、床下、シロアリ駆除、外壁塗装です。これらの部位は腐食や被害が進むと補修費用がかさみ、また外から見るだけでは進行状況が分かりにくい場所です。見かけがキレイだからと放置しておくと、次のメンテナンス費用が倍増してしまう可能性があります。

実際にあった事例で、築18年の中古住宅を購入、内装リフォームをして住んでいたのですが、その後10年ほどして水まわりのリフォームをしようと詳しく点検したところ、それまでメンテナンスをしていなかったせいで、白アリの被害と雨漏りによる腐食が進んでいて、通常のリフォーム費用に加えて、1000万円近くの補修費用が必要になったケースがあります。

資金計画を立てる際には、まずはこれまでのメンテナンス履歴をよく確認し、それから購入後のメンテナンス計画を含めた資金計画を立てておきましょう。中古住宅購入の際には、リフォームの履歴をよくチェックしておくことが、10年後に大きな差を付けることになります。
 

土地によっては建て替えできないケースも、事前に専門家の診断を

中古住宅 リフォーム リノベーション 住宅リフォーム 中古物件 費用 購入 失敗

塗装して一見キレイに見える屋根でも、内部の腐食が進んでいることも。住宅診断を受けておけば安心。

中古住宅の中には、法律が変わったことや土地を分割したことによって、一定の基準を満たさなくなり、建て替えができない土地になってしまっているケースがありますので、注意が必要です。

また建物の大事な部分は見えないところに集中しています。リフォーム前提で中古住宅を購入する際は専門家に事前に相談し、住宅診断、インスペクションを受けるといいでしょう。

最近では、中古住宅市場の活性化に伴って、平成30年4月には、宅建業者に対し中古住宅売買時にはインスペクション実施に対する説明の義務化がされるなど、法律の整備が進んでいます。不安があったらインスペクションを実施し後悔の無いようじっくり検討するようにしましょう。

自分でできる外壁や基礎のチェック方法など、中古住宅購入リフォーム向き物件のチェックポイントは下記でご紹介しています。あわせてご覧下さい。
リフォームしやすいマンション、リフォーム費用がかさみやすいマンションなど、中古マンション購入リフォーム成功のポイントは下記でご紹介しています。
【関連記事】

Copyright(c)2018 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。