意外と知られていない紫外線の髪への影響

紫外線

死んだ細胞の髪はダメージが深刻になると、元に戻せなくなる。

紫外線によるお肌の老化はすでに一般的になり、紫外線の強い夏だけではなく、冬や秋にも紫外線対策を行うことは当たり前になりました。

一方、紫外線による髪への影響はまだまだ知られていなため、夏でも髪の紫外線対策は特に何も行わないという方は沢山います。

髪のダメージというとパーマやカラーリングをイメージしがちですが、髪は摩擦、熱、静電気、紫外線の4つによりダメージを受けます。日々生活しているだけで沢山のダメージを受けているのです。

紫外線による髪のダメージは2種類あります。1つはキューティクルにダメージを与えて髪のパサつきや枝毛、切れ毛といった症状。

2つ目は髪が茶色く焼けた色になる症状。紫外線が髪の内部にある髪を黒くしている色素(メラニン)を分解してしまうのです。

多く方が枝毛や切れ毛などの症状が出てからケアを始めますが、その時はすでに手遅れの場合がほとんど。

死んだ細胞の髪はダメージが酷くなると、いくらケアしても元に戻すのは難しいので、実はお肌以上に紫外線対策は大切なのです。


薄毛や白髪に繋がる紫外線の頭皮への影響

頭皮の老化

紫外線を浴びた頭皮は老化が進行し、薄毛や抜け毛、白髪といった深刻な悩みを引き起こす。

髪同様紫外線対策で見落としがちなのが頭皮。頭皮もお顔も1枚で繋がった同じ皮膚なのでお肌同様紫外線は頭皮の老化を進めます。

特に頭は紫外線の当たりやすい部位。ある研究ではお顔の2倍もの紫外線を受けているとの研究結果も出ています。

「頭皮は髪に隠れているので少しぐらいシミが出来ても良いのでは?」と思うかもしれませんが紫外線のUV-B波は肌の真皮層まで届き、乾燥やタルミといった症状を引き起こします。

そして頭皮の老化が進むと抜け毛や薄毛、白髪といった症状を引き起こすので、いつまでも美しい髪を保つためには、頭皮の紫外線対策がとても大切になってきます。

特に注意が必要なのは髪の分け目。直接紫外線の影響を受けるためそのダメージは深刻です。お顔やカラダ同様、年間通してしっかりと紫外線対策をする必要があります。