ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

テグスのくくりつけ方はだいたいでも大丈夫!

9.赤と青のテグスをそれぞれ、もう一度赤丸3の穴に表から通し(座金のふちにテグスを一周巻きつける状態になる)、座金の裏を通って、赤丸2と4からそれぞれ出す。

座金のふちを一周してから、シードビーズのプレートの丸大(わかりやすいように色つきで表示しています)を拾い、ふたたび座金のふちを一周して、赤丸2、4からそれぞれ座金の裏に出す。さらに座金の裏を通って赤丸1から表に出し、赤と青のテグスそれぞれで座金のふちを一周する。


 
ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

これでプレートが座金に固定されました

10.シードビーズのプレートの丸大(色をつけた部分)でテグスを交差する。

 
ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

穴に通しにくい時はピンセットなどを使用して

11.赤丸1から裏側にテグスを出す。どこでもよいので、裏側の目立たない部分にテグスを巻きつけ、固結びして切る。

 
ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

平らな形のキヘイチェーン

チェーンを作る。キヘイチェーンを上から見ると左図のような状態。穴の部分にテグスを通してゆく。

 
ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

チェーンの下の段の中央は丸大なので注意

12.テグス120cmの中央に丸小と丸大を通し、図のようにキヘイチェーンの穴にテグスを通しながら編む。

 
ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

ここでゆるみがでないようテグスはしっかり引き締めて

13.端まで来たら、最後のチェーンの穴からテグスを出す。

※図ではすでに引き輪が付いていますが、実際には引き輪をつける前にこの手順をふんでください。

 
ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

最後に通した丸小のみを拾います

14.一つ手前のチェーンの穴からテグスを出し、最後に通した丸小を拾う。

 
ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

丁寧に編み戻ると形が安定します

15.最後から2番目に通した丸小から、すでに編んだ丸小・丸大を拾いながらテグスを編み戻す。編めるところまで戻ったら、はみ出したテグスを切る。

 
ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

Tピンは2重巻きだとなお丈夫に

16.Tピンにマザーオブパール6mm、丸大、丸小を通し、先端を丸め、丸カン4mmで座金につける。

ピンの丸め方・丸カンの付け方

 
ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

引き輪のほか、カニカンやマンテルでもOK

17.チェーンの両端に、引き輪とアジャスターを丸カン5mmでつける。

 
ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

丸カン2個で強度がアップします

18.座金に丸カン5mmを2個つけ、丸カン5mm1個でチェーンの中央の丸大とつなぐ。

 
ハイブリッドシードビーズのアンティーク風ペンダント

デコルテを美しく彩ります

完成!
金具のゆがみなどがないか確認し、完成!

 
シードビーズプレートを座金にくくりつける手順は、多少異なっても構いません。バランス良く、しっかりと固定されればOKです。

今回は40cmのチョーカータイプにしましたが、チェーンの長さは好みで調整してくださいね。

シードビーズやマザーオブパールの色をアレンジして、自分だけの作品を作るのも楽しいですよ。ぜひ挑戦してみてくださいね!


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。