相手方に配偶者がいる内縁(事実婚)関係の場合

本妻と内縁の妻とで、遺族年金の支給はどちらが優先される?

本妻と内縁の妻とで、遺族年金の支給はどちらが優先される?

このケースは、戸籍上の配偶者とは別居中で、事実上は内縁関係の人と生活を送っている場合です。この場合、どちらに遺族年金が支払われるのでしょうか?

原則、遺族年金は戸籍上の配偶者が内縁関係の配偶者より優先されます。いくら別居しているとはいえ婚姻の届出をしているわけですから、法律上の効力を有しているのは戸籍上の配偶者です。よって、戸籍上の配偶者が遺族年金の支給要件を満たせば、戸籍上の配偶者に支払われることとなります。

では、内縁関係の配偶者が遺族年金の支給を受けることはできないのでしょうか?結論からいうと、戸籍上の配偶者とは婚姻関係の実態が全くない状態であり、かつ、遺族年金の要件を満たせば、内縁関係の配偶者でも支給を受けることができます

まず、「戸籍上の配偶者とは婚姻関係の実態が全くない状態」とは、具体的に、おおむね10年程度別居しており、経済的援助や音信・訪問もない状態となります。このような場合、戸籍上は配偶者だが実態的には配偶者とはいえないと判断され、遺族年金支給の対象者から外れます。

戸籍上の配偶者が遺族年金の対象者から外れると、次は、内縁関係の配偶者が遺族年金の要件を満たしているのか?という部分に審査が移ります。内縁関係の配偶者に対する要件は、相手方に配偶者がいない内縁(事実婚)関係の場合と同様です。しかし、このようなケースでは確実に支給されるという保証はなく、審査がありますので、請求をしてみないとわかりません。

以上のように遺族年金は、要件が揃えば内縁関係の配偶者に対しても支給されます。結婚していないからとあきらめるのではなく、とりあえずは遺族年金の請求をしてみることをオススメします。

【関連記事】
遺族年金の受給資格要件を確認
遺族年金の種類

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。