エグゼクティブ ペストリーシェフ アントニー ステットレー

パーク ハイアット 東京の、洗練されたペストリー、チョコレートを創り出しているシェフをご紹介します。
アントニーステットレー

パーク ハイアット 東京 エグゼクティブ ペストリーシェフ アントニー ステットレー


【プロフィール】
フランス出身。幼少期をフランス、カナダ、マダガスカルで多様な食文化に触れて過ごし、ペストリーと調理の両免許を取得。その後「フォーシーズンズ ジョルジュサンク」「タイユヴァン」などパリを代表する名店で知識と技術を習得。

2004年より東京に移住、「トゥールダルジャン」エグゼクティブペストリーシェフなどを歴任。2012年1月より「パーク ハイアット 東京」に着任。

チョコレートについてお話を伺ってみました。

アントニー ステットレーシェフとチョコレートトーク!

アントニーステットレーシェフ

笑顔が素敵なステットレーシェフです!


●シェフは、チョコレートがお好きだそうですね?
とても好きです。子供の時からチョコレートが好きで、基本はチョコレートばかり(笑)。毎日必ず食べています。ただ、ホワイトチョコレートはあまり食べません。パーク ハイアット 東京でもシーズンごとに様々なチョコレートを作ります。もしチョコレートスイーツに限定して作ることになったとしても、あらゆるテイストに挑戦できるのでそれも楽しいかもしれませんね(笑)

●どんなチョコレート、そしてチョコレートのスイーツを目指していますか?
パーク ハイアット 東京は外国人のお客様を数多くお迎えしています。ですから外国人の方と日本人の方のどちらにも愛される味のバランスを常に考えていて、そこが一番難しい点です。たとえば見た目は外国人の方に受け入れられるスタイル、でも味は甘さを抑えた日本人好み、というバランスにしたり。また海外にルーツがあるものには日本のテイストを加えたりと、ベストな味わいを目指しています。

●チョコレートはどんな種類のものを使っていますか?
私はチョコレートをブレンドしません。カカオ分55%~80%のシングルオリジン(単一の産地産)のカカオを使ったチョコレートを約10種類、ブレンドせずにアイテムによって使い分けています。あまりホワイトチョコレートは使いませんが、ボンボンショコラのガナッシュなどには使います。主にフランス、ベルギー、イタリア産のチョコレートを使っています。

日本語も堪能で、日本のペストリーシーンにも造詣が深いステットレーシェフ。今後もシーズンごとに多彩な美味しいチョコレート、チョコレートのスイーツを発表し、私たちを楽しませてくれることでしょう。

パーク ハイアット 東京にお出かけになったら、ぜひ2階のペストリー ブティックへ。ホテルの人気チョコレートたちに会いに行ってみて下さいね。


パーク ハイアット 東京

パーク ハイアット 東京

●DATA
パーク ハイアット 東京 ペストリー ブティック
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1-2 
パーク ハイアット 東京2階
電話:03-5323-3462
営業時間:午前11時~午後7時
tokyo.park.hyatt.jp


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。