今や5人に1人が副業をしている

20代~30代のサラリーマンの5人に1人が副業をしていると言われる現代。「年収300万時代到来」「非正規雇用の増加」「年功序列廃止で収入がなかなか増えない」などの背景もあり、数年前から【副業】というワードを目にする機会は増えました。

その種類もインターネットなどの普及により、ここ10年ほどで選択肢はさらに増えている気がします。ただ、選択肢は増えていても、それらでみんなが多くの副業収入を得られている訳ではありません。

副業でお金を稼ぐことは簡単ではない

副業でお金を稼ぐことは簡単ではない

例えば、人気のネット関連の副業。そのネット関連で一番手に挙がると言える【アフィリエイト】に関して、2013年7月に日本アフィリエイト協議会が発表した市場調査結果を見ると、
「月に3万円以上稼げている人は全体の2.4%」「その属性は1年以上のアフィリエイト経験者で、毎日約3.1時間を活動に費やしている」「約8割が収入1000円未満」という調査結果が発表され、「アフィリエイトは楽して簡単に稼げるものではなく、時間や労力をかけ継続して取り組む事で高い成果を得られる」ことが示された結果となりました。

また、数年前に話題になった【お墓参り代行】なども、「集客」という壁は存在し、継続的に仕事依頼を受けられている人は限られているようです。

そんな中、「ネットに詳しくない」「集客の方法が分からない」方などでもできる副業が、フットサル関連にもあります。

それはフットサルの審判です。
フットサル審判という仕事

フットサル審判という仕事


フットサル審判で副収入

時給は1000~2000円程度で、最初は研修期間などを設けている施設が多いので、初めて審判をする方でも安心です。ルールに関しても、民間大会の多くがローカルルール(施設独自のルール)を採用していますので、最低限のフットサル知識はあった方が良いと思いますが、働く施設の研修などで確認しても問題ないでしょう。

インターネットで「フットサル審判 募集」と検索すると、多くの募集がヒットします。そこから申し込みを行ってください。

審判服・ホイッスル・カード(レッドカード・イエローカード)などは貸与が基本ですので、シューズさえあれば問題ありません。また、審判以外の仕事(運営のお手伝いなど)が含まれることもありますので、交通費の有無・上限など、それらの点は事前にしっかり確認した方が良いでしょう。ただ、審判以外の仕事を任せられるようになると、待遇面も上がっていきます。