フットサルの審判をやるメリット

  • インターネットに詳しくない方でも始められる
  • 集客の心配がいらない
  • 土日祝日がメインなので、本業に影響がない
  • フットサルの大会は全国で行われている
  • 「月3万円」の収入を超えることは、そう難しいことではない
  • 運動不足の解消になる(→ただ、サッカーほどコートが広くありませんし、タッチライン沿いでのジャッジなので、そこまで体力は必要ありません)

フットサルの審判をやるデメリット

  • 選手から文句を言われることがある(→試合ということで熱くなり、判定に文句を言う選手もいます。そんな時はレッドカードを出してやりましょう(笑))
  • 前述した民間大会の多くが外コートなので、気温・天候には注意が必要(→冬場は始まれば寒さはあまり問題無いと思いますが、夏場は小まめに水分補給などをし、熱中症などには注意してください。また、フットサルの大会は雨でもたいてい実施されます)

資格がなくても働ける

さらなる収入増をめざすなら、フットサル審判の資格を取得(まずはフットサル4級審判を取得する)するという方法もあります。ただ、有資格者は待遇面で優遇されたり、大きな大会でも働くことができるなどの利点もありますが、民間の大会ではたいてい審判資格がなくても働くことができますので、始める上で必ず必要ということではありません。

フットサル審判で3万円の壁を超える

フットサル審判で副業収入月3万円を超えるのは難しくはない

もし取得しようと考えているのであれば、一番最初の4級審判は、半日ほどの講習(講習後に筆記試験・実技試験)に参加すれば、基本的に誰でも取得できます(※講習料などの費用は発生・1年ごとに更新が必要)。

「インターネットはよく分からない」「スポーツが好き」「土日祝日休み」――。そんな方で、副業を考えている方などは、検討の選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。