ガレッドデロワというお菓子で公現節にお祝いをする

 

 ガレッドデロワ


キリスト教では1月6日は公現節(エピファニー)。3人の賢者によってキリスト降誕が世に知らされた日です。フランスでは公現節にアーモンドクリームの入ったガレッドデロワというお菓子でお祝いするそうです。アーモンドクリームの中にはフェーヴと呼ばれる陶製人形が1つ入っています(もとは空豆だったそうです)。

このお菓子、切り分け方が面白い。切り分ける時に子供達はテーブルの下に入り、「それは○○ちゃんの~」と、どの1切れが誰の物になるかを決めます。そして見事フェーヴが当たった人は冠を被ってその日は王様・女王様になり、1年幸せになるそうです。

日本では1月初旬と言えば新年会の季節ですよね。私はキリスト教徒ではありませんが、子供を交えた自宅での新年会のデザートにガレットデロワを用意して盛り上がったことがあります。

年末頃からお洒落な製菓材料店に行くとフェーヴがあります。どれもかわいくて選ぶのに目移りします! 冠も製菓材料店で売られているようですが、私は金色の便せんをチョキチョキ切ってパンチで穴を開けて代用しました……。写真の左下にある王冠がフェーヴです。

ガレットデロワの作り方も色々あると思いますが、シンプルで簡単なレシピをご紹介します。

作り方

  1. 冷凍パイシートは18センチ丸に切ったものを2枚用意。
  2. アーモンドクリームを作る。無塩バター50gに砂糖50gをすり混ぜ、卵1個、アーモンドパウダー50g、ラム酒大1を混ぜる。
  3. 1.で用意したパイシート1枚の上に2.を周囲を残して乗せ、周囲に溶いて水で薄めた卵黄を付けてもう1枚で蓋をする。表面にも水溶き卵黄を塗り、ナイフで模様を付ける。
  4. 200度のオーブンで30分焼く。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。