適当に作ってもお好み焼きになるが、ちょっとした工夫でグンとおいしく

 

 ぼっかけ(すじコン入り)お好み焼き


すじコン入りお好み焼きのことを、神戸では「ぼっかけ」と言います。

すじコンとは、すじ肉とこんにゃくを煮込んだものです。おかずとしてもいいし、お好み焼きに入れてもいいです。

神戸の長田が発祥のお好み焼きスタイル。神戸そごうの地下の大井牛肉(神戸牛店)に、ボイルしたすじが安く売ってますので、それを買ってきて作るのが好きです。

すじ肉とこんにゃくを別炊きしておくのが、手間ですが、おいしいです。

すじコンの材料

  • 牛すじ肉 300g
  • こんにゃく 1枚
  • しょうが、ねぎ(好きなだけ)
  • しょうゆ 大さじ4
  • お酒 大さじ4
  • みりん 大さじ4
  • 砂糖 大さじ1
  • 味噌 大さじ2ぐらい(お好みで)

すじコンの作り方

一度煮てボイルした肉にこんにゃくを入れて、調味料を入れてじっくりと煮込む(圧力鍋でもいい)。味が染みたら、お好み焼きに使ってOK。

こんにゃくは、塩で揉んで下ゆでしてから使う。手でちぎって煮込むとよりおいしくできる。これだけでもおかずになる。


お好み焼きの材料(3枚分)

・キャベツ 半玉ぐらい。
・すじコン150gぐらい
・ねぎ(好きなだけ)
・天かす(好きなだけ)
・お好み焼き粉 200g
・おだし(和風)200cc ぐらい
・卵 1個
(あれば、山芋のすりおろしたもの)

・かつをぶし粉(すきなだけ)
・青のり(すきなだけ)
・マヨネーズ(すきなだけ)
・お好み焼きソース(すきなだけ)
・からし(すきなだけ)

お好み焼きの作り方

適当に作ってもお好み焼きになります。ちょっとした工夫でおいしくなります。

  1. 粉とかだしとかは目分量で作れます。汁が固ければ汁を足し、柔らかければ粉を足し、わりといい加減に作ります(関西人ですから、感覚で作れます)。
  2. ホットプレートを温めて、細かく切ったネギとキャベツを粉と汁に混ぜて、卵を入れ適当な柔らかさにします。
  3. プレートに1.を広げ、上にすじコンを置きます。
  4. しばらく焼いて、ひっくり返します。
  5. 両面焼けたら、ソースを塗り、のりや青のり、マヨネーズ、しょうがなどを上に飾る。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。