部屋のインテリアとして、おもちゃを飾る

 

 

うちではオープンシェルフにおもちゃを並べておくようにしています。ままごとの食材など小さいおもちゃは引き出しを活用し、大き目のおもちゃは目に見えるところに出しておきます。子育て支援センターでのおもちゃの並べ方を参考にしているのですが、この方法だと……

■1.おもちゃが探しやすい、片づけやすい
子どもに「○○どこー?」と聞かれることが減ります。

■2.おもちゃが無駄に増えない

棚にかぎりがあるので置く場所を考えてから買い物するように。 あと自然と「見栄え」も重要視するようになりますね。

■3.ディスプレイにもなる
ブロックや積み木でつくった「作品」もそのまま飾っておけます。

実は写真以外にもブロックが入ったラックや、赤ちゃん時代に遊んだ布おもちゃなどが入ったおもちゃ箱なども存在しますが、現在主力のおもちゃはオープンにしています。ヨーロッパの木製玩具は見た目もシンプルで美しいので並べがいがありますね。

遊ぶときのみ出して、普段は目につかないように収納する方法もアリですが、日常の風景としていつもそばにおもちゃがあるというのもいいものだと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。