意外と難易度が高いナチュラルメイク

ナチュラルメイクとは、「しっかりと作りこんでいるけれども、自然に見えるメイクであり、薄化粧や手抜きメイクとは違う!!」って事は知っていながらも、実際に自分ではナチュラルメイクに仕上げたつもりでも、「本当に素顔との違いが全く無い」であったり「しっかり作りこもうとすると、やりすぎ感がでてしまう」などなど、意外にマスターするのは難しかったりします。

そこで、今回はアイメイクにポイントをしぼり、ナチュラルなのにしっかりメリハリをGetできる裏技をお伝えします。

1.アイホールまでアイカラーを塗る

まず使用するアイカラーは、肌なじみのよいベージュ~ピンク系がおススメです。
今回は1色で簡単グラデーションを作ります。

画像表示中

内側の点線(アイホール)まで徐々に力を抜きながら塗ります

チップやブラシなどで、目の際(アイフレーム)から眼球の丸み(アイホール・内側の点線)まで左右に動かしながら徐々に力を抜くように塗っていきます。

次に、ブラシやチップにアイカラーがほとんどついていない状態で、まぶた全体(外側の点線)まで触れていきます。

※アイカラーがほとんと付いていないチップやブラシで軽く触れることで、グラデーションを自然に仕上げることができます。


 

2.アイライナーで引き締め

画像表示中

まつ毛のキワを引き忘れると、矢印のように不自然です

アイラインは、ペンシルタイプがおススメです。
目のキワの上下に引いていきます。
アイラインが苦手で、少し太くなってしまっても心配いりません。

この時まつ毛のキワを塗り忘れると、不自然な仕上がりになるので、要注意!!

 
画像表示中

アイラインだけが目立ちます

ただし、肌なじみのよいナチュラルなアイカラーを選んで塗っても、目元にメリハリをつけようとアイラインを引いただけだと、不自然にアイラインだけが目立ってしまします。

 

3.アイライン後の一手間がポイント!!

ナチュラルにメリハリEyeを手に入れるポイントは、アイライン後のほんの一手間が重要なのです。

画像表示中

上下のアイラインとアイカラーの境目をなぞり、なじませが重要です

最初に塗ったアイカラーを細めのチップかブラシに取り、アイラインとアイカラーの境目をなぞっていきます
そうする事でアイカラーとアイラインが馴染み、自然なグラデーションが生まれます。
アイラインが苦手で太めに引いてしまっても、アイカラーと馴染み、2色使ったかのようなグラデーションができあがります。



 

4.最後まで手を抜かないのがナチュラルメイク!!

最後はビューラーでまつ毛を上げ、丁寧にマスカラを塗布すれば、ナチュラルなのにメリハリEyeをGetできてしまうのです。
画像表示中

アイメイク前(左)と比較すると、ナチュラルなのにメリハリEyeGet!


 
もちろん、ナチュラルメイクはアイメイクだけではなく、肌作りや他のパーツも重要ですが、アイメイク方法からでもチャレンジしてみてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。