飛行機から眺める富士山

羽田発出雲行き飛行機から眺める富士山

羽田発出雲行き飛行機から眺める富士山。左下に芦ノ湖、左上に駿河湾が広がります(2012年11月撮影)

旅の途中やお出かけの合間に楽しむ富士山、続いてご紹介するのは、飛行機から楽しむ富士山です。

 

羽田空港から眺める富士山

羽田空港から眺める富士山(2012年11月撮影)

見通しが良ければ、羽田空港からも富士山を望むことができますが、日中に羽田空港に離発着する飛行機からも富士山を望むことができます。

天候により多少の変化はありますが、羽田から西に向かう飛行機の中で、山陽・山陰・福岡・熊本・高松・松山方面への飛行機は富士山の北側をフライトするので、左側の席から富士山が望めます。

 

羽田発出雲行き飛行機から眺める富士山。伊豆半島上空から眺めています

羽田発出雲行き飛行機から眺める富士山。伊豆半島上空から眺めています(2011年9月撮影)

伊丹・関西・徳島・高知・宮崎・鹿児島・沖縄方面への飛行機は富士山の南側をフライトするので、右側の席から富士山を望めます。

羽田から北海道・東北方面へ向かう飛行機は、ルート上では富士山の近くはフライトしませんが、羽田離陸後に進路を北に向ける時、遠くに富士山を望める可能性があります。窓側の席に座った時はぜひ外の景色にも注目してみて下さい。

 

那覇発羽田行き飛行機から眺める富士山。利島の向こう、霞の中に富士山が見えます

那覇発羽田行き飛行機から眺める富士山。利島の向こう、霞の中に富士山が見えます(2003年5月撮影)

それから、関西、山陽、山陰、四国、九州、沖縄から羽田に向かう飛行機では、富士山の南側をフライトするため、左側の席から富士山を望むことができます。

ちなみにANA(全日本空輸)のWebサイトでは、出発空港と到着空港を指定すると、標準的な飛行ルートと窓から見えるスポットが検索できる「空から見える景色のご案内」というページがあります。飛行機を予約する前に確認しておくと、さらに楽しみが増しますね。

 

なお、富士山が間近に見える位置ではだいたいのケースで大丈夫なのですが、シートベルト着用のサインが出ている飛行機の離着陸時は電子機器の利用ができないため、デジタルカメラや機内モードにした携帯電話での写真撮影ができません。その時は目で楽しんで記憶の中に残しておきましょう。

 

最後は首都圏近郊でちょっとしたお出かけの合間に見える富士山の風景に注目しましょう。次ページに続きます。