2泊3日で大自然が創り出した九州の名所を駆け巡ろう!

九州には、自然の力強さを間近に体感することができる観光地が多彩に揃います。大自然が長い年月をかけて創り出した風景を目の当たりにすると思わず感動の声を上げたくなりますね。

今回は福岡空港を起点にして、九州の大自然を満喫できる名所を2泊3日で訪ね歩く旅をご紹介しましょう。

 

1日目:【大分】町中が温泉だらけの別府で地獄めぐり

別府・海地獄

【大分】別府・海地獄(1996年5月撮影)

九州の大自然を満喫する名所を訪ねる旅、1日目の最初の目的地は大分・別府です。

 

博多から別府・大分方面へのJR九州 特急「ソニック」

博多から別府・大分方面へのJR九州 特急「ソニック」

福岡空港の最寄り駅、福岡空港駅から福岡市営地下鉄に乗ると5分で九州最大のターミナル博多駅に到着。

ここから大分方面へ向かう特急「ソニック」に乗車して、別府へ向かいます。博多駅から別府駅までは約2時間かかります。

 

別府は街のあちこちから温泉の湯煙が噴き上がる「温泉の街」。悠久の時を経て大地に蓄えられた火山のエネルギーは、効能豊かな温泉のお湯となって人々の癒しに貢献すると共に、他では見ることができない独特の風景を生み出しました。その風景の一つが「地獄」と呼ばれる風景です。

 
別府・血の池地獄

【大分】別府・血の池地獄(1996年5月撮影)

地底からの熱湯が噴き出すことで作られた「地獄」には様々な種類があり、別府では硫酸鉄が溶けることで鮮やかな青色となった「海地獄」、酸化鉄により真っ赤に染まった「血の池地獄」、30分~40分間隔で温泉が下から吹き上げる「龍巻地獄」、泥が沸騰する様子が見られる「鬼石坊主地獄」などが良く知られています。

 
別府・龍巻地獄

【大分】別府・龍巻地獄(1996年5月撮影)

海沿いに近い別府駅から山側にあるそれぞれの地獄までは少し距離が離れていて、海地獄と血の池地獄との間も車で5分ほどの距離が離れています。標高差もありますので、地獄めぐりをする時には、別府駅前から毎日3便運行している亀の井バスの定期観光バスや観光タクシーを利用するのが便利です。バスガイドやタクシー運転手から面白い情報を教えてもらえるのも嬉しいですね。

地獄めぐりを楽しんだ後は、温泉が楽しめる旅館やホテルが数多く揃っている別府市内に宿泊して、地球からの恵みである温泉を堪能しつつ、関サバやカレイなどおいしいお料理を頂きましょう。

 

九州の東側の代表的観光地である別府から、明日は九州をダイナミックに横断しましょう。次ページに続きます。