3日目:【鹿児島】迫力の桜島に間近まで迫る!

鹿児島・鴨池港から望む桜島

【鹿児島】鴨池港から望む桜島(2008年9月撮影)

九州の大自然を満喫する名所を訪ねる旅、3日目スタート。

今日はここ鹿児島で大自然を満喫します。もちろんその主役は活火山として活発に活動している桜島。昨日到着した時間では姿を見られなかっただけに、朝を迎えて改めて目の前で見るとその大きさに驚きます。

桜島のビューポイントは数多くありますが、手軽に見てまわるなら鹿児島市交通局の定期観光バスが便利です。

 

有村溶岩展望所から眺める溶岩台地と桜島

【鹿児島】有村溶岩展望所から眺める溶岩台地と桜島(2002年8月撮影)

鹿児島中央駅を9時に出発する「桜島自然遊覧コース」に乗車すると、桜島フェリーに乗って桜島の麓に行き、湯之平展望所や有村溶岩展望所など、桜島が火山活動で産み出した迫力ある景観を目の当たりにすることができます。大自然の恐ろしさを改めて実感しますね。

 

3日目:【鹿児島】仙巌園から桜島を眺める

仙巌園から眺める桜島

【鹿児島】仙巌園から眺める桜島(2008年9月撮影)

定期観光バス「桜島自然遊覧コース」は半日コースで、桜島フェリーの発着場所である桜島桟橋でも下りることができます。桜島桟橋近くのかごしま水族館前バス停から、鹿児島市内の観光ルートを巡る「カゴシマシティビュー」ウォーターフロントコースに乗車して、仙巌園(せんがんえん)へ向かいましょう。

仙巌園は、江戸時代に鹿児島を治めた島津家の19代当主島津光久の別邸です。桜島を借景にした美しい庭園は必見。お気に入りのシーンを探して園内を散策してみて下さい。

 

カゴシマシティビューと九州新幹線を乗り継いで博多へ

カゴシマシティビューと九州新幹線を乗り継いで博多へ

楽しい時間はあっという間に過ぎて、九州の大自然を満喫する名所を訪ねる旅も仙巌園が最後。

「カゴシマシティビュー」に乗車して鹿児島中央駅に戻り、九州新幹線に乗車すると、約1時間40分で博多へ移動できます。福岡市営地下鉄に乗り換えれば5分で福岡空港駅に到着です。

 

福岡空港を起点にした2泊3日の九州の大自然を満喫する名所を訪ねる旅をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

大自然の雄大さを実感できるスポットばかりですので、九州に出かける時の旅のプランの一つとして参考にして頂ければ幸いです。

【関連記事】 「九州の名所」に、「名所・旧跡」ガイドで九州の名所・旧跡を紹介した記事の一覧をまとめてあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。