ネットはいじめの道具になる時代

最近では、携帯電話、スマートフォンの普及により、「いじめの道具」としてもネットが介在する相談も多くなっています。

ネット上の掲示板やブログ、プロフ等への誹謗中傷の書き込みなどのいわゆる「ネットいじめ」を確認したら、被害が広がらないように、迅速に書き込みの削除を行いましょう。

書き込み内容の確認

まず、書き込まれている内容を確認します。その際には、その掲示板のURLを控えると同時に、画面をプリントアウトするなどして内容を保存するようにしておきましょう。

学校裏サイトというサイトの存在をご存知でしょうか? ほとんどが部外者が入れないようパスワードを設定されていたり、携帯電話からのアクセスしか出来なかったり(PCからのアクセスはIPアドレスで判断され拒否される)、学校名で検索してもヒットしないようになっており、そのため検索などで探し出すのは容易ではありません。2008年3月に文部科学省が発表した「青少年が利用する学校非公式サイトに関する調査報告書」では38260サイトが確認されました。この報告書においては、2ちゃんねる、ミルクカフェ、Yahoo!掲示板などのいわゆる巨大掲示板の中のスレッドも1つとして数えられていますので、これらを除外すると4733サイトとなります。
alt=""

削除が必要な書き込みの情報をしっかりと伝えましょう「


このような携帯電話でしか見ることのできないサイトでの誹謗中傷の場合は、プリントアウトが難しいため、デジタルカメラで撮影するなどして内容を保存しておきます。