フィンランドで味わいたいおすすめスイーツ

フィンランドのスイーツは、非常に独特。フランス発祥のパティシエが担うスイーツ文化とは少々異なり、イタリアなどの家庭的なスイーツでは括れないカテゴリーもあります。せっかく現地を旅されるのであれば、是非フィンランドでしか味わえないスイーツにトライしてみてください。

フィンランドスイーツの代表格、プッラ

pulla, korvapuusti

シナモンロールはプッラの代表格

職場のコーヒータイム、お友達の家にちょっとお呼ばれ、親戚の家でパーティー……。人が集まるコーヒータイムに必ず登場するスイーツと言えば、プッラ(pulla)です。「プッラ」は甘いパンの総称なので、プッラにも様々な種類があります。プレーン、バターやお砂糖をトッピングしたもの、ベリージャムを使ったもの、ラハカ(rahka)と呼ばれる乳製品を使用したもの等、形状や味は数えきれません。一人一つのサイズに作ってあるタイプもあれば、スライスして皆で食べるタイプもあります。一人一つサイズのカテゴリーでは、映画「かもめ食堂」で有名になったシナモンロール(korvapuusti)もプッラの仲間です。

一見まとまりがないように見える数々のプッラには共通点が二つあります。まずは、フィンランドの家庭に古くからあったシンプルな素材を使っていること。チョコレートやキャラメルなどは登場しません。バター、お砂糖、ベリーなどは昔からフィンランドの日常に存在したものです。家庭から生まれた素朴なスイーツとして、プッラはフィンランドスイーツの代表なのですね。

そしてもう一つの共通点は、パン生地にスパイスを混ぜ込んで焼くこと。スーパーの製菓用品売り場でも一般的なカルダモンは、まさに「プッラの香り」です。スパイスの種類や量によっては大人向けの味になるところも、プッラの奥深さです。

小さい子供も大好きなスイーツ、ムンッキ

munkki, pallo

ムンッキには丸い一口タイプもあります

対して小さい子供も大好きなスイーツが、ムンッキ(munkki)です。形状としてはドーナツそのもので、訳する時も「ドーナツ」とされることがほとんど。しかし、フィンランド人の感覚では「ドーナツ=ムンッキ」は100%正しいとは限りません。彼らの感覚として「ドーナツ」はサクッとみっちりした生地、「ムンッキ」はイーストで発酵させたフワフワな生地という違いがあるようです。確かに、ムンッキは揚げパンという表現がぴったりくるような食感です。

たいていのムンッキには、グラニュー糖やシュガーアイシングのコーティ ングがしてあります。更に、穴が空いていないタイプのムンッキには、中にジャムが入っていることがほとんど。「甘そう!」という印象ですが、不思議としつこくはありません。ジャムもお砂糖も素朴な味な上、コーヒーと共に食すのが基本だからでしょうか……。