65歳から遺族年金のもらい方が変わる。その時……

先日、年金相談窓口にもうすぐ65歳になる(昭和29年8月生まれ)という女性が相談に見えました。お話をうかがうと、現在遺族年金を受け取っているとのこと。65歳から年金の受け取り方が変わると聞いたので、どう変わるのか、いくらになるのかを尋ねに来たとのことでした。

 
65歳からの年金を確保するために国民年金は納付しよう

65歳からの年金を確保するために国民年金は納付しよう





奥様(相談者)は現在年間約120万円の遺族年金を受け取っているとのこと。ご自身は結婚前に3年くらい勤務していたが、その後は専業主婦とのことでした。国民年金は、ご主人の扶養になっていた期間は第三号被保険者として加入していましたが、ご主人を亡くした後は保険料を支払うことができず、免除の手続きもとっていなかったようです。友人から、遺族年金と自分の年金はどちらかしかもらえないから、国民年金は支払っても無駄になってしまうという話を聞かされたともおっしゃっていました。

65歳以降の遺族年金の受け取り方については、以前「旦那様を亡くされた奥様。私は遺族年金をもらえるの?」記事でお伝えしました。65歳前との違いは、
  • 遺族年金か自分の年金かの選択制ではなくなる
  • 遺族年金に加算されていた中高齢寡婦加算がなくなり、代わって生年月日に応じた経過的寡婦加算が加算される
  • 自身の老齢厚生年金が優先的に支給され、遺族年金から自身の老齢厚生年金相当分(基金代行額含む)が減額される
  • 自身の老齢基礎年金が支給される
ということになります。

さて、この人の遺族年金は65歳からどうなるのでしょうか。
 

国民年金を払っておけばよかった!遺族年金の意外な落とし穴

奥様(相談者)の現在の遺族年金額は年額約120万円。この中には中高齢寡婦加算約58万円が含まれていましたので、遺族年金本体の金額が約62万円ということになります。65歳から、この中高齢寡婦加算がなくなり、経過的寡婦加算が支給されることになります。奥様の経過的寡婦加算は、3万9000円ほど。遺族年金としては約66万円ということになります。

ここから、奥様自身の老齢厚生年金相当部分が支給停止となったうえで、ご自身の老齢厚生年金と老齢基礎年金が別途支給されることになるわけですが、金額を調べてみると、老齢厚生年金が年額約5万円、老齢基礎年金が年額約35万円でした。

合計の受給額としては、
(遺族年金) (支給停止) (老齢厚生年金) (老齢基礎年金)
 約66万円 - 約5万円 +  約5万円  +  約35万円   =約101万円(年額)

ということになります。なんと! 65歳前よりも年金額が減ってしまうのです。

これは、ご自身が国民年金保険料をあまり支払ってこなかったため、老齢基礎年金が低額となってしまうことによるものです。

あと数ヶ月でも国民年金に任意加入をして保険料を支払ってはいかがかと提案はしましたが、それでも増やせる年金額は少額であり、焼け石に水となってしまいそうです。奥様はがっかりしてお帰りになりましたが、こればかりは決まりごとなので私にはどうすることもできませんでした。

昭和31年4月2日以後生まれの人からは、上でお話しした経過的寡婦加算もなくなります。遺族年金に限ったことではありませんが、老後に少しでも安定した生活が送れるよう、国民年金はぜひ支払っておきたいところです。免除が受けられる方は、免除の手続きだけは最低限行っておくようにしましょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。