梅雨のうねりはダメージが原因

梅雨

梅雨に髪がうねるのはキューティクルのダメージが原因。ダメージはパサつきだけではなく湿度が上がるとうねりを引き起こすのです。

雨の日が続きジメジメとした梅雨の時期。髪がうねってスタイリングが決まらない……。「湿度が高いからしょうがない」と諦めている方も多いと思いますが、実は梅雨の時期に髪がうねるのはダメージが原因。

髪のダメージと聞くとパサつきなどの「潤い不足」が連想されますが、湿度が高い時に髪がうねるのは、キューティクルにダメージのある髪の症状。「うねる髪=ダメージヘア」という事が言えるのです。


ダメージヘアは水分コントロールが出来ない

ダメージ髪

ダメージを受けたキューティクルは水分の出入りが自由になり髪が膨張してうねる。

健康な髪は乾いた状態で約10%の水分を含んでいますが、髪を濡らすことで水分が内部に侵入。シャンプー時などは最大で約30%まで髪の水分量は上がります。

髪はキューティクルを開いたり閉じたりすることで、髪内部の水分量をコントロールしていますが、ダメージでキューティクルが毛羽立ったり、破損したりすると水分の出入りが自由になってしまいます。
 
水分コントロールが出来なくなったダメージ髪は梅雨で湿度が高くなると、外気の水分を吸収。必要以上に水分を吸収した部分が膨張して髪がうねるのです。

また水分コントロールが出来ないという事は、いくらコンディショナーやヘアオイルで水分を与えても保持することが出来きません。空気が乾燥すると必要な水分まで出て行ってしまいます。冬のパサつきも、梅雨のうねりもキューティクルのダメージが原因なのです。