ニンニク、ワサビ、ショウガの「三大刺激物」も育毛に効く?

トウガラシ

トウガラシ以外の刺激物もIGF-1増やしに効果があるか!?

「トウガラシと豆腐を食べれば発毛促進!?」などでも書いたとおり、私は育毛の2大基本食は「トウガラシ」と「大豆」であると繰り返してきました。

こう説明すると、「トウガラシが効くなら、ニンニクやワサビ、ショウガなどの刺激物はどうなのか?」と素朴な疑問を持つ方も多いでしょう。

ニンニクは滋養強壮、ワサビは殺菌や食欲増進、ショウガは免疫力向上、身体を温めるなどの効能が知られています。健康促進に役立つ食材であるのは確かですが、抜け毛・薄毛予防には果たして有効なのでしょうか?

今回は、実験でその真相に迫ってみました。

【ニンニク】動物実験でIGF-1の増加を確認

ニンニク

ニンニクのパワーは頭皮にも届く?

ニンニクはIGF-1を増やし、育毛に効果があるのか? 成分を分析し、注目したのがニンニクに含まれる「S-アリルシステイン」という名前のアミノ酸です。この成分の分析を進めたところ、知覚神経を刺激することが判明しました。動物実験を行ってみると、確かにIGF-1の増加が認められたのです。

また、円形脱毛症の患者さん20名に、ステロイド軟膏とニンニク抽出液を脱毛部に3ヵ月間塗る実験を行ったところ、95%の方に育毛効果があったという研究報告もあります。ニンニクを食べることは育毛効果があると考えていいでしょう。

その昔、ヘロドトスというギリシャの歴史家は、著書『エジプト史』において、「紀元前450年、ピラミッド建設に従事した労働者にニンニクを食べさせていた」という記述が、ピラミッドに刻銘されていたと著しました。滋養強壮食材の代表選手であるニンニクの効能が約2500年前、既に認められていたことを示すエピソードです。ピラミッドをつくった男たちの頭は、フサフサだったのかも……。

次ページでは、ワサビとショウガの抜け毛・薄毛予防効果を検証します。