ひとり家族に必要な広さは25~40平米 

キッチン

ひとり暮らしといえど、食事、リビング、就寝スペースは分けたいところですが、現状は……。

まずは、ひとり家族に必要な広さはどれくらいでしょうか。家賃や住宅価格の高い都市部でマンション暮らしをするひとり家族が、最低限確保すべき広さの目安は25平米、望ましいとされる広さの目安は40平米です。

これは国が定める住生活基本計画における居住面積水準によるものです。実際に販売されている分譲マンションのワンルームは30平米台のものが多く見られるようです。賃貸ではもう少し狭くて20平米台というところでしょうか。

「最低25平米」と「望ましい40平米」とで大きく異なるのは、就寝と食事のスペースです。「最低25平米」では就寝5平米、食事2.5平米とされていますが、「望ましい40平米」は就寝8.1平米、食事7.8平米とかなり広くなります。

したがって25平米では物理的に食・寝分離が難しく、ワンルーム形式にならざるを得ないのです。一方40平米あればダイニングと寝室の間を壁で仕切り、2つの異なる空間に仕立てることができるのです。

 

ワンルームは、ストレス解消しにく住空間

食べること、寝ること、TVを見ることその他生活のすべてを一つの部屋で行うワンルームは、手を伸ばせば必要なモノにすぐ手が届く便利このうえない暮らしではありますが、半面、場所を変えることで気分も変えるというわけにはいきません。

仕事や人間関係でストレスをためて自宅に戻ったときなど、話し相手でもいれば気分もかわるでしょうが、ひとりきりですと、逃げ場がほとんどなく、ストレス解消がしにくい住空間ともいえるのです(凶悪な罪人をわざわざ暗い独居房に入れて懲らしめるくらいですから)。

ひとり暮らしこそ、ちょっとした逃げ場となるもうひとつのスペースが欲しいところです。


ひとり家族は、1LDKが向いている……次のページへ。