一人暮らしの部屋

リノベーション賃貸という新しいスタイルの部屋に暮らす一人暮らし女性の部屋を紹介します

リノベーションといえば、賃貸住宅には関係ないように思われるかもしれませんが、無垢材を使ったフローリングやシステムキッチンなど上質な素材や設備を取り入れた物件が増えてきました。今回は『TOMOS』という賃貸リノベーション物件に暮らす一人暮らし女性の部屋を取材してきました。

山栗の無垢フローリングを活かしたダークブラウンを基調としたインテリアは、シックで落ち着いた雰囲気。家に帰ってきてホッと寛げる、落ち着いた空間となっています。

その他の一人暮らしの部屋のインテリアを紹介した記事は、「一人暮らしの達人」シリーズとしてまとめてありますので、ぜひ併せてご覧ください。

部屋の間取り

あいさん(26歳)
グラフィックデザイナー
一人暮らし歴 5年

-Room Data-
東京都在住
家賃:80,000円(管理費込)
間取り:1K
間取図

間取図

デザイナーとして会社にお勤めしながら、さらに個人でも制作活動するあいさん。作品制作のため、友人との共同アトリエを借りていることもあり、ご自身が住むところは「それほど広くなくてもいい。でも、暮らしやすく、暖かみのある部屋がいい」と思っていたそうです。

この部屋を内見したときの印象は「明るくて、前向きな部屋だな」。特に気に入ったのが山栗の無垢材を使ったフローリングでした。「以前に住んでいた部屋の床はフローリングシートで、それが嫌だったんですよね。しっかりと踏みごたえのある床がとても気持ちよく感じました」と、あいさん。一般的な賃貸物件ではなかなか見かけない上質な建材が使われていることで、部屋全体の雰囲気にあいさんの求めるような暖かみが生まれているようです。

ちなみに、山栗というのは堅くて丈夫、変化しにくいのが特徴。無垢材というとメンテナンスなどが大変な印象がありますが、傷もつきにくく、水汚れなどもすぐに拭けば落ちるそうなので、入居中に神経質になる必要はないそうです。

次は、無垢フローリングの温もりを活かした、落ち着きのあるインテリアの様子をお届けします>>