TRXトレーニングを体験

TRXトレーニングスタジオの様子。グループレッスンとして実施される場合も多い

TRXトレーニングスタジオの様子。グループレッスンとして実施される場合も多い

フィットネスの本場、米国ではすでに定番ツール化し、日本でも徐々に認知度が高まりつつある、新しいトレーニングシステム、「TRX」。TRXは、サスペンションバンド1つで100種類以上のエクササイズを行うことができ、しかも、筋力、持久力、バランス、そして柔軟性や体幹までを同時に鍛えることができる、革新的なトレーニングです。これまでの自宅トレーニングでは、ここまでの効果を上げることは、なかなかできませんでした。今回は、そんなTRXの体験トレーニングをレポートします。

ボディメイキングスタジオへ潜入

イセアボディスタイルのエントランス。清潔感があって開放的だが、アットホームさも兼ね備えている

イセアボディスタイルのエントランス。清潔感があって開放的だが、アットホームさも兼ね備えている

実はガイドも、TRXを使ったトレーニングをするのは、以前ファンクショナルトレーニングで体験して以来で、本格的に行うのはほぼ初めてです。どんな感じなのか、ワクワクしながら向かいました。

今回お世話になったのは、東京・麻布十番にあるボディメイキングスタジオ「イセアボディスタイル(http://www.iseabodystyle.com/)」。美容クリニックが監修したトレーニングやメディカルエステが受けられるスタジオで、日本ではまだめずらしい、TRXのトレーニングクラスのほか、パーソナルトレーニングや加圧トレーニング、ヨガのスタジオレッスンなど多数のプログラムが用意されています。

それでは、体験トレーニングの様子をご紹介していきましょう。


TRXトレーニング(1) チェストプレス

TRXを使うと、やり慣れたトレーニングにも新鮮な感覚が生まれる

TRXを使うと、やり慣れたトレーニングにも新鮮な感覚が生まれる

TRXトレーニングでは、複数の種目をかわるがわる行う、サーキット形式のトレーニング方法がとられます。30分ほどの体験トレーニングで、かなりの種類のメニューを行いましたが、その中からいくつかをご紹介します。

まずは、「チェストプレス」。 “ハンドル”と呼ばれる部分を持ち、腕立て伏せを行うトレーニングです。両腕に均等に力をかけていないと、すぐにバランスが崩れてしまいますし、正しい姿勢を保つのも一苦労で、いつものチェストプレスでは味わえない感覚がありました。TRXを吊り下げているアンカーポイントと、体や手との距離を変えることで、負荷が大きくなったり小さくなったりします。

次のページでは、引き続きその他のバリエーションをご紹介します。