■たこの旨味と筍の香りが濃縮な炊き込みご飯

手順1 筍を水から入れて20分煮ます。

手順2 その間に昆布とニンジンを細く切り、タコを薄くカットします。

手順3 シメジを解してレンコンを細くスライスします。ゴボウをカットし、ニンジンを型にとります。

手順4 茹でた筍を切って、ご飯を鍋に入れて醤油と砂糖を入れてよく掻き混ぜます。

手順5 上にシメジとシイタケ、昆布とゴボウ、ニンジンとタコ、ソラマメと筍を入れて軽く掻き混ぜます。

手順6 蓋をして10分加熱して完成です。

ポイントは、具剤を最初に混ぜてから火に通した方がより味と香りがご飯に染み込んで美味しくなります。お好みで加熱時間を長くすれば、固めのご飯やおこげを楽しむ事が出来ます。色どりで、卵を焼いて型にとった卵焼きをのせると美しく見えます。

■具剤 一人分
・ご飯 お茶碗1杯 ・タコ 40g ・ゴボウ 10g ・ニンジン 5g ・昆布 5g 
・シメジ 20g ・砂糖 大さじ3 ・筍 60g ・ソラマメ 1 ・レンコン 1枚
・醤油 大さじ4 ・卵 5g

■からしがアクセントのタコの和え物

手順1 筍を水から入れて15分煮て、熱を冷ましておきます。

手順2 カットしたわかめと輪切りにしたタコ、カットした筍を和えます。味噌とからし、酢と砂糖を入れて軽く掻き混ぜて完成です。

■具剤 一人分
・わかめ 10g ・タコ 50g ・からし 5g ・砂糖 大さじ1 ・筍 10g 
・味噌 10g ・お酢 大さじ1

お好みでカラシの量を変えると違う味を楽しむ事が出来ます。冷蔵庫に1時間ほど入れておくと、より味が馴染んで食べ易くなります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。