チョコレートパフェを食べに行こう!

チョコレートパフェ。しあわせな響きですよね!

子供の頃からチョコレート好きな私にとって、チョコレートパフェは素敵なご馳走でした。チョコレートパフェ、と聞いただけでちょっと笑顔になる私です。皆さんはいかがですか?

この記事では数ある中から、チョコレート専門店のもの、ショコラティエが監修したもの、グルメな方に長く愛され続けている本格的なチョコレートパフェを厳選して紹介します(フランス風のグラスデザート、リエジョワも含みます)。

東京は、ショコラティエが監修したスペシャルなチョコレートパフェに数多く出会える素晴らしい都市です。特に、上質素材を厳選、味のバランス、ヴィジュアルも細かく計算されたチョコレートパフェは、五感を使って堪能したい「作品」として向き合いたいほどです。

7種類全て人気が高く、チョコレートファンなら見逃せません。ぜひ全部チェックして下さいね。 初めての方はもちろん、何度か召し上がっているチョコレートパフェ通の方も、ぜひどうぞ。

【ラインナップ】
※時期によりパフェの内容・デザインが変更になっていることがあります。

ピエール マルコリーニ 「マルコリーニ チョコレート パフェ」

ピエール マルコリーニが日本に上陸、銀座にチョコレート色のブティックができたのは2001年12月8日のこと。その後ビルが建て替えられ、2015年12月にリニューアルオープンしてからも、変わらず愛され続けているチョコレートパフェです。
マルコリーニ チョコレート パフェ

マルコリーニ チョコレート パフェ 1728円(税込)

シンプルで美しい形が魅力。私は2001年のオープン時から、銀座へ何度もこのパフェを食べに足を運んでいます。

印象的なのはフレッシュなバナナ。バナナの香りが鼻をくすぐり、そしてチョコレートを味わう。このどこか懐かしい香りの組み合わせにふう、と心癒やされるひとときがあります。

トップにはマルコリーニオリジナルクーベルチュール(製菓用チョコレート)を使ったチョコレートアイスクリーム、そしてベリーのような風味の甘酸っぱいチョコレートムース、無糖の生クリーム。その下にはなめらかなチョコレートソースと、バニラのアイスクリームが入っています。アイスクリームはキッチンで作られる自家製です。
銀座のカフェスペースはカウンターバーがあります

カフェスペースはバーカウンターがあります。

ブティックのリニューアル後はインテリアも照明も変わり、よりモダンな空間になりました。くつろげるブース席はもちろん、バーカウンターでの時間も心地良く、一人で訪れてもリラックスできる雰囲気です。

パフェに使われているチョコレートアイスクリームは、購入可能ですのでお手土産にも。トップに添えられるチョコレートも「パレファン」としてセットボックスで購入可能です。パフェにのる種類は日替わりですが、今日はどんなカカオのチョコレート?なんて考えながらパフェが出てくるのを待つのも、チョコレートファンにとって楽しい時間といえます。
コーヒーは自家焙煎を使用

パフェとコーヒーのセット 2268円(税込) コーヒーは自家焙煎のものを使用

少しゆっくりできるときは、自家焙煎の美味しいドリップコーヒーとのセットをぜひ。おすすめです。

パフェにのったチョコレートをまず最初にお皿にのせておいて、後でコーヒーと一緒にいただくことにすると、最後にまた、幸せな時間が待っています。

DATA
■ピエール マルコリーニ 銀座店
住所:東京都中央区銀座5-5-8
TEL:03-5537-0015
営業時間:11:00~20:00(19:30LO.)、日・祝11:00~19:00(18:30LO.)
店舗詳細:http://www.pierremarcolini.jp/shop/ginza.html

■他店舗:http://www.pierremarcolini.jp/shop/

>>次ページでは、ショコラティエ パレ ド オールで大人気のチョコレートパフェをご紹介します。