専属専任・専任媒介締結のメリット

■不動産会社が必死になる

売却活動を一社限定で委任するので、当然、その会社が売却活動をさぼったり適正に活動しないと売れるものも売れません。不動産売却に今後の人生設計がかかっている人が大半ですから、その業者の責任は非常に大きいのです。自分の行動いかんで他人の人生を左右してしまう可能性があるのだから、必死にならざるを得ません。

それに仲介手数料は成功報酬です。成約に至らないともらえませんし、成約までにかかった経費も回収出来ません。また、なかなか売れなかったり、動きが悪いと売主に写ったりすると、媒介契約を他社に切り替えられてしまうかもしれません。販売活動にも力が入って当然です。委任を受けた不動産会社が、取引をまとめるために全力で活動する、これが大きなメリットの一つ。さらにもう一つ。

■対応が一対一

販売の窓口が一つですから、委任を受けた会社にはさまざまな情報が集まります。つまり、

・購入検討者からのお問い合わせの数
・他不動産会社からの問い合わせの数
・案内した時のお客さんの感触
・広告の反響結果

などです。こうした見えるデータ、見えないデータを、不動産会社から定期的にフィードバックしてもらうことで、売主は現在の販売状況がよく分かります。担当者もその物件と売主に一対一で向き合って販売活動を行っていくことになります。売主の物件に対する思いも自然に共感できていくし、いつのまにか愛着も湧いてきます。

物件を扱う不動産会社や担当者の「何とかしてあげたい!」という真摯な思いが強ければ強いほど、その思いが販売活動の一つ一つに乗ってきます。不動産会社と売主が顔を突き合わせて、成約というゴールに向かって、文字通り二人三脚で進んでいくことが出来るのです。これがもう一つの大きなメリットです。

しかしこうした大きなメリットがある反面、デメリットもあるのです。次のページではそのデメリットについて見ていきましょう。