時間が無くてもOK!爪をキレイに見せるテクニック

毎日仕事でバタバタしていたら、気付けば爪がボロボロに。「明日のデートまでに何とかしたい!でも時間がない…」そんな時の時短ネイルケアをご紹介します。

【1:潤いを与える】
カサカサの指先では、どんなネイルカラーを塗っていても台無し。簡単に綺麗に見せるには潤いが必要です。こまめにネイルオイルを塗りましょう。乾燥を防ぐと爪も割れにくくなり、ネイルの美しさが続きます。

【2:爪の形を整える】
仕事の制約上ネイルを塗れない方は、爪の形を整えるとよいでしょう。10本の爪の形と長さのバランスが取れていると、それだけで指先が美しく見えます。

【3:爪表面のオイルバッフィング】
爪表面の凹凸をバッフィングして、ネイルオイルを浸透させます。オイルが浸透してきたら細かい目で艶をだすように磨きます。爪の中にオイルをしみ込ませながら磨くオイルバフィングは、爪に弾力性を与える簡単お手入れ法です。

【4:ベース&トップコートで艶を出す】
3のように磨いてピカピカにするのも1つの手ですが、爪の薄い人は磨き過ぎると薄くなってしまいます。ベースコートで強い爪の下地を作り、艶を出すトップコートを塗ると簡単にぴかぴかネイルが完成するので、時間が無い方、爪の薄い方にもおすすめです。

もしベースかトップコート、どちらか1つをチョイスするならベースコートがおすすめです。1本でより効果を求めるなら、ベースとトップコート両方の役割を備えている「ベーストップ」が最適だと思います。
1本でOKの便利な「RMK ベース&トップコート」

1本でOKの便利な「RMK ベース&トップコート」


【5:微細ラメで粗塗りを目立たなく】
色味は濃ければ濃いほど、はみ出しが目立ちます。丁寧に修正する時間が無いときは、なるべく濃い色は避けて下さい。また、薄い色でもマット系はムラが目立つので要注意です。微細ラメが入っている透明感のあるタイプは、微細ラメの輝きがムラを目立たなくしてくれます。

フレッシュなカラーが魅力の「ディオール ヴェルニ 663」

【6:冷水に付けて乾かす】
氷の入ったお水をボールに作り、爪先を氷に当たらないように冷やします。また、ドライヤーの冷風で乾かすのも効果的です。温風は乾きそうですが、ネイルにはNGなので注意して下さいね。

【7:リムーバーをしみ込ませる】
ラメやラインストーンなどを施したネイルは、可愛いけれど落とすのに時間がかかるのが難点。少し時間をかけるとぐっと落としやすくなりますよ。まず爪の大きさにちぎったコットンにリムーバーをしみ込ませます。次に爪の上に置いて、30秒~1分浸透させます。浸透させたら一気にふき取ると、キレイに手早く落とすことができます。


■DATA
「ベース&トップコート」
1575円 RMK

「ディオール ヴェルニ 663」
3150円 パルファン クリスチャン ディオール
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。